キヤノンマーケティングジャパンが月刊カメラマンとタイアップして開催する、毎春恒例の“EOS でJリーグを撮る”撮影会。Jリーグのトップパートナーであるキヤノンだからこそ実現できる、特典が盛りだくさんの豪華な撮影会だ。2018年は4 月14日(土)にトランスコスモススタジアム長崎で14時キックオフの明治安田生命J1リーグ“V・ファーレン長崎 vs ガンバ大阪”に決定した!

国内最高峰の戦いを最新EOS & EFレンズで切り取る!

画像1: 国内最高峰の戦いを最新EOS & EFレンズで切り取る!
画像2: 国内最高峰の戦いを最新EOS & EFレンズで切り取る!

メインの撮影機材はキヤノン「EOS 5D Mark IV」と「EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM」、その他豊富なEFレンズ群を用意してあります! ※使用機材は変更になる場合があります。

画像: 高精細かつ高精度なAFを誇るオールマイティなカメラ・キヤノンEOS 5D Mark IV。 cweb.canon.jp

高精細かつ高精度なAFを誇るオールマイティなカメラ・キヤノンEOS 5D Mark IV。

cweb.canon.jp
画像: 100-400㎜の焦点距離をカバーするのでスポーツ撮影において重宝するキヤノン EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS II USM cweb.canon.jp

100-400㎜の焦点距離をカバーするのでスポーツ撮影において重宝するキヤノン EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS II USM

cweb.canon.jp

Point 1
 最新EOS & EFレンズで狙える!
Point 2
 スポーツフォトグラファー・築田プロが撮影指導!
Point 3
 PIXUS PROプリンターでプリントの良さを再認識!
Point 4
 参加者の撮影画像を「カメラマン」6月号にて掲載!

画像: Point 1 最新EOS & EFレンズで狙える! Point 2 スポーツフォトグラファー・築田プロが撮影指導! Point 3 PIXUS PROプリンターでプリントの良さを再認識! Point 4 参加者の撮影画像を「カメラマン」6月号にて掲載!
画像: 撮影後にPIXUS で作品をプリントアウトし、築田カメラマンが自分の作品を講評してくれる!

撮影後にPIXUS で作品をプリントアウトし、築田カメラマンが自分の作品を講評してくれる!

画像: 自分がその日撮影した作品をPIXUS PRO-100Sでプリントする。そのクオリティの高さに、驚く参加者が多い。 cweb.canon.jp

自分がその日撮影した作品をPIXUS PRO-100Sでプリントする。そのクオリティの高さに、驚く参加者が多い。

cweb.canon.jp

逃すな! 年に2度のプレミアム撮影会!

講師にスポーツ写真家・築田 純カメラマンを迎え、参加者には直接撮影指導をいたします。キックオフ前にEOS の使い方講座(撮影用の機材、レンズなどはこちらで用意いたします)、築田カメラマンの事前撮影指導が行われるほか、撮影後にPIXUS で作品をプリントアウトし、築田カメラマンの講評やフォトコンなども予定しております。皆さん、ふるってご応募ください!

撮影会要項

●日時:4 月14 日(土曜日)●場所:トランスコスモススタジアム長崎(長崎県諫早市宇都町27-1)●集合:現地集合●参加費用:無料(ただし集合場所への往復交通費は各自負担)●募集人員:最大20 名 ●講師:築田 純 ●撮影機材、記録メディア等はこちらで用意いたします。

応募方法

①郵便番号 ② 住所 ③氏名 ④年齢 ⑤職業(学年)⑥性別 ⑦(携帯)電話番号 ⑧所有機材 ⑨ EOS使用歴 ⑩月カメ撮影会参加履歴(ある場合)⑪持病(ある場合) ⑫メールアドレス(ある場合)を明記し
◎ハガキの場合 〒105-8611 東京都港区新橋5-33-10
         モーターマガジン社 カメラマン編集部「EOSでJ リーグを撮る」係

◎メールの場合 eos-j@motormagazine.co.jp までお願いします。

※締め切り:4月2日(水) 編集部到着分まで。応募者多数の場合は抽選となります。
当選された方には編集部より直接ご連絡いたします。

画像: 応募方法

講師:築田 純

東京綜合写真専門学校卒業後、水谷章人氏に師事したのちにフリーとなる。1997年からスポーツ写真家集団アフロスポーツに参加し五輪をはじめとするスポーツ競技を幅広く撮影。2013 年に再びフリーで活動を始める。1989 年第5回東川賞新人作家賞受賞。AJPS(日本スポーツプレス協会) AIPS(国際スポーツプレス協会)会員。

●主催:カメラマン編集部●協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社/Jリーグ/V・ファーレン長崎 ©J.LEAGUE

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.