この度、第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネートされていた『君の名前で僕を呼んで』が、脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)において見事受賞を果たしました。
脚色賞を受賞したジェームズ・アイヴォリーは現在89歳で、2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長受賞となりました。

本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品で、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作。

主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、「ディカプリオの再来」の再来と言われ今最も注目されている新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。
刊行時から話題を集めた原作を脚色したのは、『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠ジェームズ・アイヴォリー。
監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作です。

画像1: ©Frenesy, La Cinefacture

©Frenesy, La Cinefacture 

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙
「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙
「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙
「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙
「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 

などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。

画像2: ©Frenesy, La Cinefacture

©Frenesy, La Cinefacture 

そんな今大注目の本作へ、海外の豪華著名人からコメントが到着いたしました!!

本年度アカデミー賞主演男優賞を受賞したゲイリー・オールドマンや名女優ニコール・キッドマン、グザヴィエ・ドランやペドロ・アルモドバルなどの有名監督まで、絶賛の嵐となっております!

彼(ティモシー・シャラメ)の活躍に興奮している。とても才能のある魅力的な子だ。
きっとまたこの(アカデミー賞の)場所に戻ってくる。
ーゲイリー・オールドマン
(男優/本年度アカデミー賞主演男優賞『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』)

『君の名前で僕を呼んで』は必見よ!!
ーニコール・キッドマン
(女優/『ムーラン・ルージュ』『めぐりあう時間たち』)

(鑑賞後)しばらく動けなかった。話したくても、話すことができないほどだった。失恋についての残酷な真実を、最高の、審美的な映画で見ることはとても感動的だ。
ーグザヴィエ・ドラン
(映画監督/『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』)

(ティモシー・シャラメが)こんなに若いと思わなかったの。
とてもとても才能溢れていて、ホット!彼が30歳になるまで待つわ。
ージェニファー・ローレンス
(女優/『ハンガー・ゲーム』シリーズ『世界にひとつのプレイブック』)

2017年に観た映画の中で一番のお気に入り。
ーポール・トーマス・アンダーソン
(映画監督/『ファントム・スレッド』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)

この映画のすべてが美しく、チャーミングで、魅力的だ。
今年の大発見ティモシー・シャラメを見よ。
ーペドロ・アルモドバル
(映画監督/『オール・アバウト・マイ・マザー』『ジュリエッタ』)

ようやく観ることができた『君の名前で僕を呼んで』─ なんという作品だ!!
ーライアン・ジョンソン
(映画監督/『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)

(ティモシー・シャラメのエリオ役は)とてもスペシャルな役柄で、ポピュラー・カルチャーの中で今まさにこの時の役。彼がやりとげた仕事、人々に感じさせたものは途方もないものだ!
ーフランク・オーシャン (R&B シンガー)

映画は最初から最後まで、ひたむきで、熟していて、愛がこもっている。
極めて繊細で人間味のある作品。その控え目さはエレガントで輝いている。
バリー・ジェンキンス
(映画監督/『ムーンライト』)

上記著名人以外にも、ダニエル・クワン(「スイス・アーミーマン」監督)、ベン・プラット(2017年トニー賞主演男優賞受賞(ブロードウェイミュージカル「Dear Evan Hansen」)、ジョーダン・ガバリス(「オーファンブラック 暴走遺伝子」サラ(タチアナ・マズラニー)の義弟フェッリクス役)など、数々の著名人が本作を絶賛しており、その勢いはとどまるところを知りません!

『君の名前で僕を呼んで』日本オリジナル予告

画像: 『君の名前で僕を呼んで』日本オリジナル予告 youtu.be

『君の名前で僕を呼んで』日本オリジナル予告

youtu.be

【STORY】
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 
配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name

4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー    

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.