6人の死刑囚と対話するひとりの男の姿を描いた映画『教誨師』(きょうかいし)が、10月6日(土)より有楽町スバル座にて公開が決定しました。

主演、そしてエグゼクティブプロデューサーは先日惜しくも急逝した大杉 漣。
大杉演じる主人公・佐伯は、「受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く」教誨師。
死刑囚専門の教誨師という複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じ切り、最初のプロデュース映画にして最後の主演作となりました。

画像1: 大杉 漣。最初のプロデュース映画にして最後の主演作となった『教誨師』(きょうかいし) 公開 決定!

佐伯が対話する死刑囚役には、光石研、烏丸せつこ、古館寛治といったベテラン俳優や、本作が映画初出演となる劇団“柿食う客”の玉置玲央。
監督・脚本は『休暇』『アブラクサスの祭』の脚本、監督作『ランニング・オン・エンプティ』の佐向大です。

画像2: 大杉 漣。最初のプロデュース映画にして最後の主演作となった『教誨師』(きょうかいし) 公開 決定!

出演:大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫 小川登/古舘寛治 ・ 光石研
エグゼクティブプロデューサー:大杉漣 狩野洋平 押田興将 プロデューサー:松田広子
撮影:山田達也 照明:玉川直人 録音:山本タカアキ 美術:安藤真人
監督・脚本:佐向大
製作:TOEKICK★12 ライブラリーガーデン オフィス・シロウズ
2018年/日本/カラー/ 114分/スタンダード(一部、ヴィスタ)/ステレオ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム 
宣伝:マーメイドフィルム、VALERIA

2018年10月6日(土)より有楽町スバル座にて公開、他全国順次公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.