女子プロゴルファーの人生にはいくつもの節目がある。結婚、出産…なかには若くして引退を決める選手も。昨年惜しまれつつ現役を退いた宮里藍の最強ライバルだったスーザン・ペターソンが今秋ママになることがわかった。

宮里藍と死闘を演じたペターソンが妊娠を発表

宮里は現役時代ペターソンと何度も優勝争いを演じていた。とくに印象に残っているのは2010年の開幕戦(ホンダ PTT LPGAタイランド)。初日から首位を快走するペターソンに6打差の3位タイからスタートした宮里が、最終日9アンダー63の猛チャージで大逆転優勝を達成している。

「アイに9アンダー出されたらもうお手上げ」とライバルを脱帽させたもの。その年宮里は開幕2連勝を含む5勝を挙げ世界ランク1位に上り詰めた。

かつてのライバルのおめでたいニュースが届いたのは3月の半ば。ペターソンは昨年の1月同郷(ノルウェー、オスロ出身)のクリスチャン・リングボルトさんと結婚し、米フロリダに居を構えているが、去る17日彼女のマネージャーがペターソンの妊娠を発表。今秋ママになることが明かされた。

この4月で37歳になるペターソンはLPGAツアー通算15勝。うちメジャー2勝を挙げ生涯獲得賞金は1480万ドル(約16億円)を超え生涯獲得賞金ランキングで5位に名を連ねるトップ中のトップ。2年前のリオ五輪にも出場している。

画像: ツアー通算15勝、オリンピックにはノルウェー代表として出場したペターソン(写真:2016年全米女子オープン)

ツアー通算15勝、オリンピックにはノルウェー代表として出場したペターソン(写真:2016年全米女子オープン)

しかし人生の節目を迎えたペターソンは今シーズンツアーには出場していない。

もうひとり節目を迎えているのは宮里が「ウェブ先生」と慕っていたカリー・ウェブだ。

メジャー7勝、ツアー通算41勝、生涯獲得賞金史上2位の2000万ドル(約21億円)以上を稼ぎ出したホール・オブ・フェーマー(殿堂入り選手)は今季「ゴルフ以外の人生を模索したい」と地元オーストラリアで開催されたISPSハンダオーストラリアン女子オープンに出場しただけで長期休暇をとっている。

世界ナンバー1を競ったアニカ・ソレンスタムやパク・セリ、ロレーナ・オチョアはすでに引退し第2の人生を歩んでいる。

出産したあともツアーにカムバックし活躍しているジュリー・インクスターのようなママさんプロもいる。今後ペターソン、ウェブはどのような道を選ぶのか?

東京オリンピックのコーチへの就任要請を受けている宮里の今後も気になるところ。親友オチョアは引退しても世界に影響力を与える存在としてバービー人形に採用された。

それぞれの人生に幸あれ!

写真/南しずか

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.