ゴルフの日の朝のパッティンググリーンは、芝の上でパッティングできる貴重な練習の機会だが、意外と「カップインさせる」だけの漠然とした練習になりがち。家でパターマットを敷いて練習している熱心な人も、実際は同じように漠然とカップを狙うだけになってしまっていないだろうか。そんな人のために、教え上手の荒井舞プロがオススメするのは片手練習。その効果とやり方を聞いた。

ボヤけた練習では上達は望めない

「パッティングって、練習をしていても『カップインすれば成功』という気持ちになりやすく、問題点や課題がボヤけてしまうことって多いんです。そんな人にはぜひ、左右それぞれ、片方の手でパターを持ってパッティングする練習をやってみてほしいですね」(荒井プロ)

画像: 「カップインさせれば成功」という練習では、「ズレた構えとズレたストロークが相殺しあった結果のカップイン」でもOKということになりかねない

「カップインさせれば成功」という練習では、「ズレた構えとズレたストロークが相殺しあった結果のカップイン」でもOKということになりかねない

片手でストロークすると、両手のときよりも自由がきかず、小手先で微調整できないので、自分の根本的な問題点を浮かび上がらせることができるのだという。

「まず、1.5mくらいのストレートラインを見つけて、ボールの線などをターゲットに真っすぐセットしていねいに練習してください。そうするとラインの読みや狙う方向に問題がある可能性を排除でき、ミスは100%自分のストロークのせいということになるので、問題点がボヤけることはありません」(荒井プロ)

画像: 短い真っすぐなラインを見つけて、ボールの線をターゲットに合わせて練習しよう

短い真っすぐなラインを見つけて、ボールの線をターゲットに合わせて練習しよう

片手でパッティングすると、ほとんどの人が、左右どちらの手が得意で反対の手が苦手という傾向が現れる。まずはそれを自分で理解することが重要だ。それがわかれば、普段どおり両手でパッティングする際も、たとえば「得意なほうの手を主役にして、苦手なほうの手はクラブを支えるだけにする」というようなイメージがハッキリし、自分のストロークに基準ができる。

画像: 右手1本、左手1本でそれぞれパターを持って練習すると、小手先でごまかせないため、ストロークの問題点が明確になる

右手1本、左手1本でそれぞれパターを持って練習すると、小手先でごまかせないため、ストロークの問題点が明確になる

「できれば繰り返し練習して、ミスの傾向なども導き出したいですね。たとえば左手では押し出しやすく、右手では引っかけやすいなどの傾向が見えてくると、コースで引っかけた際には『いまのは右手が悪さをしたから、次は少し右手の力を抜こう』というような対処もできるようになるし、普段引っかけが多ければ右手を重点的に練習して技術の底上げをすることもできます。

もちろん、反対に得意なほうの手を磨いてもOK。いずれにせよ意図が明確になるので、練習効率は格段にアップするはずですよ」(荒井プロ)

また、片手で練習する際は、ボール位置や手元の位置などをチェックしながら行うことが重要だ。

「左手で打ちやすい位置、右手で打ちやすい位置、というように、ボール位置を勝手に動かして構えては意味がないので注意してください。右手でも左手でもピタッと収まりやすいボール位置を見つけて、どちらの手で打つ際も、もちろん両手で打つときも、その位置にボールを正しくセットすることが大事です」(荒井プロ)

画像: 左右それぞれ、片手で練習したあとは、その感覚を残したまま両手でパッティングして仕上げよう

左右それぞれ、片手で練習したあとは、その感覚を残したまま両手でパッティングして仕上げよう

片手練習の後に両手でストロークすると、いままで漠然としていた左右の手の役割や、それぞれの手を正しく動かす意識などが浮かび上がってくる。家のパターマットでもできるこの練習、手軽で効果絶大な、コスパ最高のパター練習と言えそうだ!

写真/小林司、協力/宍戸ヒルズカントリークラブ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.