明治維新150周年に大河ドラマ「西郷どん」が放送され、大いに盛り上がっています。
今回、大河ドラマのロケが行われた場所の中からご紹介するのは「霧島神宮」です。
建国神話の主人公である瓊瓊杵尊を祀った霧島神宮は、6世紀の創建と古い歴史を誇ります。
閑寂な老杉の緑に囲まれた参道・境内を進むと、朱色の社殿があらわれ、緑の中に立つ荘厳かつ豪華絢爛な姿に大きな力を感じずにはいられません。
すぐ近くにそびえたつ「大杉のご神木」の迫力もものすごいパワーを放出しています。
魅力たっぷりの霧島ドライブで鹿児島のパワーをたっぷり吸収してください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.