モナコ・モンテカルロで開催されている「ロレックス モンテカルロ・マスターズ」(ATP1000/4月15~22日/賞金総額523万8735ドル/クレーコート)のシングルス1回戦で、カレン・ハチャノフ(ロシア)は自分のサービスゲームを非常に効率よくプレーし、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したタナシ・コキナキス(オーストラリア)を7-5 6-4で倒した。

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|ITFフェドカップ準決勝&プレーオフ「イギリス対日本」大坂なおみ出場

 ビッグサーブが武器のハチャノフは5本のサービスエースを決め、一度もブレークポイントを与えることはなかった。彼は、場合によっては、より快適な勝利をおさめることすらできたはずだった。

 ごく最近コキナキスは、マイアミの2回戦で、グランドスラム優勝歴20回のロジャー・フェデラー(スイス)を倒したことで注目を集めた。この殊勲で彼は世界1位を倒した選手としては、ここ15年でもっともランキングの低い選手となったが、そのときのパワフルなプレーの片鱗を今回はまったく見せることができなかった。

 ハチャノフは一貫して相手のサービスにプレッシャーをかけ、13回のブレークポイントを手にしたが、実際にものしたのは2回だった。

 2月にフランス・マルセイユでのオープン13で2つ目のツアー・タイトルを獲得したハチャノフは、次の2回戦でジル・シモン(フランス)と第16シードのアドリアン・マナリノ(フランス)の試合の勝者と対戦する。

 もしこのフランス人対決の勝者を破ったなら、ハチャノフは3回戦で、前年度覇者で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する可能性がある。

 ナダルは1回戦をBYEで免除されており、2回戦ではアルヤズ・べデネ(スロベニア)対ミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の勝者と対戦する。モンテカルロを10度制したチャンピオンであるナダルが今回優勝しなかった場合には、フェデラーが世界1位の座を取り戻すことになる。

 日曜日に行われたそのほかの1回戦では、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)、ダニール・メドべデフ(ロシア)が勝ち上がった。

 ズベレフは、17歳のフェリックス ・オジェ アリアシム(カナダ)を苦労の末、6-2 6-7(4) 6-1で倒した。彼は次のラウンドで第7シードのルカ・プイユ(フランス)と対戦する。

 メドベデフは、相手に許した8つのブレークポイントのうち7本をセーブし、マートン・フクソービッチ(ハンガリー)に6-7(4) 6-2 7-5で逆転勝ちした。彼は2回戦で、2015年準優勝者で第12シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破った元トップ10の錦織圭(日清食品)と対戦する。

 モンテカルロで過去2回優勝しているが、執拗な右肘の故障にいまだ苦しめられているノバク・ジョコビッチ(セルビア)は月曜日に1回戦を戦い、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-0 6-1で倒した。

 ジョコビッチは、ごく最近コーチのアンドレ・アガシ(アメリカ)と別離している。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はカレン・ハチャノフ(ロシア)
MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 15: Karen Khachanov of Russia serves during the Round of 64 match between Karen Khachanov and Thanasi Kokkinakis during day one of ATP Masters Series: Monte Carlo Rolex Master at Monte-Carlo Sporting Club on April 15, 2018 in Monte-Carlo, Monaco. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.