クラスをリードするクルーズ性能とダートでも安心感のある足回り

結論から言ってしまうが、アドベンチャーを「オンロードでの高い快適性と力強い走り、そしてダートもそこそこ行けるバイク」という視点から評価するなら、このヴェルシス―Xはクラスで頭ひとつ抜けている。ライバルがトレールバイクやロードモデルがベースなのに対し、ヴェルシスは専用設計フレームを採用。完成度も非常に高いのだ。

高速道路でのクルージング性能はクラスを超えたもので、33馬力を発揮する先代ニンジャ譲りのパラレルツインと剛性の高いシャシーで、ライバル車より高い速度域をキープして走り続けることができる。トップ6速での100㎞/h巡航は7800回転で、これは同じ並列2気筒モデルのV―ストロームとほぼ同じ。もちろん250ccゆえ、ここからの加速はビッグバイクのようにはいかないが、高回転域でもまだまだ元気に伸び続け、いつの間にか巡航速度はハイペースになる。ウインドプロテクションやロングランを想定した硬めのシートも秀逸で、400クラスなみの車格が落ち着きのある走りを生み出している。

画像: フロントにはストローク量130㎜のφ 41㎜正立フォークに19インチスポークホイールをセット。面を巧みに使ったフェアリングから続くサイドパネルのデザインなど、ヴェルシス一族であることを主張する。 ●最高出力:33PS/11500rpm ●最大トルク:2.1kg-m/10000rpm ■価格 STD:62 万9640 円/64 万440 円(グリーン) TOURER:68 万3640 円/70 万5240 円(カモグレー)

フロントにはストローク量130㎜のφ 41㎜正立フォークに19インチスポークホイールをセット。面を巧みに使ったフェアリングから続くサイドパネルのデザインなど、ヴェルシス一族であることを主張する。
●最高出力:33PS/11500rpm ●最大トルク:2.1kg-m/10000rpm
■価格 STD:62 万9640 円/64 万440 円(グリーン) TOURER:68 万3640 円/70 万5240 円(カモグレー)

画像: アドベンチャースタイルを強調する燃料タンクは容量17 Lを確保。TOURERはパニアケースのほか、エンジンガード、ハンドガード、センタースタンド、DC電源ソケットを標準装備する。

アドベンチャースタイルを強調する燃料タンクは容量17 Lを確保。TOURERはパニアケースのほか、エンジンガード、ハンドガード、センタースタンド、DC電源ソケットを標準装備する。

ノイズの少ないオンロード寄りのタイヤや元気はつらつとしたエンジンは、ワインディングでも軽快な走りをもたらす。ボリュームを感じさせないキビキビとしたハンドリングで、急激なシフトダウンでもリアタイヤのホッピングを防ぐアシスト&スリッパークラッチの搭載も頼もしい。軽いクラッチは、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りでもありがたい。

フロント19インチはオン/オフのバランスがとれていて、ダートへ向かう途中に出くわす、苔むしていたり、アスファルト上に濡れた落ち葉や土砂がたまっている、荒れた舗装林道でもハンドリングが穏やか。想定外の未舗装路にも対処できる安心感がある。舗装路では滑らかに動いた前後サスペンションは、ダートでは若干の硬さを感じるが、それでもロードバイクよりずっとよく動き、フラットダートならアクセルをどんどん開けて突き進める。大柄な車体で低速トルクも薄めなので、シングルトラックや狭い場所でのUターンは苦手だが、広いフィールドならダートも肩の力を抜いて長い距離を走り続けられるだろう。テクに自信があれば、脇にある細い林道にも果敢に入っていける。

アドベンチャーというカテゴリーに求められる要素を250ccクラスで満たした、称賛に値する1台だ。

画像: クラスをリードするクルーズ性能とダートでも安心感のある足回り
画像: アクセルを開けただけグングン加速する元気なエンジンが、高速巡航でも余裕をもたらす。フロント19インチがオフロードでも穏やかなハンドリングを生み、フラットダートならハイペースでも肩の力を抜いて走るTOURER ことができる。

アクセルを開けただけグングン加速する元気なエンジンが、高速巡航でも余裕をもたらす。フロント19インチがオフロードでも穏やかなハンドリングを生み、フラットダートならハイペースでも肩の力を抜いて走るTOURER ことができる。

■Specifications※( )はTOURER
全長×全幅×全高 2170×860(940)×1390mm
ホイールベース 1450mm
最低地上高 180mm
シート高 815mm
車両重量 175(183)kg
エンジン形式 水冷4 ストDOHC4 バルブ並列2 気筒
総排気量 248cc
ボア×ストローク 62×41.2mm
圧縮比 11.3
最高出力 33PS/11500rpm
最大トルク 2.2kg-m/10000rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 17L
キャスター角/トレール 24.3 度/108mm
変速機形式 6 速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ290mm ディスク・φ220mm ディスク
タイヤサイズ 前・後 100/90-19・130/80-17

Details

画像: エッジの効いたデザインのヘッドライト&カウルに防風効果に優れるウインドスクリーンを装着。PIAA製LEDフォグランプはオプション。

エッジの効いたデザインのヘッドライト&カウルに防風効果に優れるウインドスクリーンを装着。PIAA製LEDフォグランプはオプション。

画像: デュアルスロットルバルブを採用し、吸気量を緻密に制御することでリニアなスロットルレスポンスを実現したDOHC 4バルブ並列2気筒エンジン。

デュアルスロットルバルブを採用し、吸気量を緻密に制御することでリニアなスロットルレスポンスを実現したDOHC 4バルブ並列2気筒エンジン。

画像: フロント19インチのスポークホイールに、IRC製のデュアルパーパスタイヤGP- 210を履く。ブレーキディスク径は290 mm。

フロント19インチのスポークホイールに、IRC製のデュアルパーパスタイヤGP- 210を履く。ブレーキディスク径は290 mm。

画像: リアショックは148 mmのホイールトラベルを確保。低速寄りに、ドリブンスプロケットをニンジャ250より2丁大きくした。

リアショックは148 mmのホイールトラベルを確保。低速寄りに、ドリブンスプロケットをニンジャ250より2丁大きくした。

画像: シンプルなテールエンドは1000や650の兄貴分たちと共通イメージのデザインだが、灯火類はコンベンショナルな電球式を採用した。

シンプルなテールエンドは1000や650の兄貴分たちと共通イメージのデザインだが、灯火類はコンベンショナルな電球式を採用した。

画像: アナログタコメーターと多機能液晶スクリーンの組み合わせで、シフトインジケーター表示部がタコメーター内に食い込んで見やすい。

アナログタコメーターと多機能液晶スクリーンの組み合わせで、シフトインジケーター表示部がタコメーター内に食い込んで見やすい。

画像: 前席のみ表皮にパンチング加工が施され、しっかりグリップするダブルシート。座面も広めで、クッションにもコシがあり疲れにくい。

前席のみ表皮にパンチング加工が施され、しっかりグリップするダブルシート。座面も広めで、クッションにもコシがあり疲れにくい。

画像: 小物を収納できるトレイがシート下に配備され、さらにそれを開けると車載工具が姿を見せる。ETC車載器の取り付けには困らない。

小物を収納できるトレイがシート下に配備され、さらにそれを開けると車載工具が姿を見せる。ETC車載器の取り付けには困らない。

画像: ツアラーでは標準装備となるパニアケースは、使い勝手の良いシンプルな四角い箱形。2 Lのペットボトルを縦に入れてもふたが閉まる。

ツアラーでは標準装備となるパニアケースは、使い勝手の良いシンプルな四角い箱形。2 Lのペットボトルを縦に入れてもふたが閉まる。

画像: シートと面一となるキャリアは、グラブバーを兼ねるフレームのほかリング状になった荷掛フックもあって荷物を固定しやすい。

シートと面一となるキャリアは、グラブバーを兼ねるフレームのほかリング状になった荷掛フックもあって荷物を固定しやすい。

Riding Position<身長:175 cm 体重:64 kg>

ライディングポジションにもゆとりがある。ラバーマウントのハンドルは広めでダートでも操
作しやすい。シートは座面が大きく、硬めのクッションがゆえに長距離も疲れない。両足を地
面に出すと、カカトは若干浮く。

画像1: Riding Position<身長:175 cm 体重:64 kg>
画像2: Riding Position<身長:175 cm 体重:64 kg>

写真/南 孝幸
※記事は『オートバイ 250&125cc購入ガイド2018』より

Color(TOURER)

画像1: メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン

メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン

画像: マトリックスカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン(400台限定)

マトリックスカモグレー×メタリックフラットロウグレーストーン(400台限定)

Color(STD)

画像: メタリックマットカバートグリーン×メタリックグラファイトグレー

メタリックマットカバートグリーン×メタリックグラファイトグレー

画像2: メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン

メタリックスパークブラック×メタリックフラットロウグレーストーン

「VERSYS-X 250 購入サポート」キャンペーンは2018年5月1日から!

いま買える250cc&125ccモデルがズラリ!

オートバイ 250&125cc購入ガイド2018 (Motor Magazine Mook)

モーターマガジン社 (2018-04-24)
売り上げランキング: 63,985

 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.