田舎に住む父が上京してきて、久しぶりに顔を合わせました。
相撲とおいしいものが大好きな父が喜ぶような盛りたくさんのプランをたて、父と娘水入らずのミニ観光旅行を楽しんできました。

10:00~ 秋葉原駅で待ち合わせ

父とはアクセスのよいJR秋葉原駅で待ち合わせをしました。
早速今回の観光目的のひとつである両国に向かうため電車に乗って移動開始。秋葉原駅から総武線に乗れば、2駅であっという間にお相撲の街「両国」に到着しました。

中央・総武線で電車移動。

10:30~ 両国駅到着

istock

両国はお相撲の街なので、駅の雰囲気もお相撲一色になっていて、私にとっても大変面白かったです。改札を出たところには、力士の手形や力士の顔ハメ看板などがあり、はずかしながら父と記念撮影をしました。ここだけでも、すっかりお相撲気分になれましたよ。力士のたまごなのか着物をきた人も何人か見かけ、さすがお相撲の街といったかんじでした。

到着した時間がランチには少し早かったですし、お天気も良かったので、両国周辺を散策しました。両国は、お相撲に関する史跡がたくさんあるので、相撲好きにはたまりませんね。父は地図を見て、気になるところをあちこちチェックしていました。

両国周辺を散策する

12:00~ 昼食

両国といえばお相撲、お相撲といえばちゃんこ鍋ですよね。お昼は、もちろんちゃんこ鍋を食べに行きました。
たくさんある中で、今回は両国駅からも近い「ちゃんこ霧島 両国江戸NOREN店」をチョイスしました。2016年11月にオープンしたばかりなのでとても綺麗で、内装は和風モダンな雰囲気でした。ゆったりとした座席で、ちゃんこ鍋をたっぷりと堪能できました。

ちゃんこ鍋でお腹が満腹になった後、相撲取りの気分に浸りながら、のんびりとした足取りで次の目的地へと向かいました。

ちゃんこ霧島 両国江戸NOREN店

東京都墨田区横網1-3-20 1F
TEL 050-5592-9487
月~土 11時~23時(L.O 22時) ランチタイム 11時~15時(L.O 15時)
日祝 11時~22時半(L.O 21時半)
予約可

徒歩10分

14:00~ 両国界隈を散策

両国はお相撲の街なので、国技館や相撲博物館など相撲ゆかりの施設も多いです。
お相撲が好きでいつもテレビで見ている父なので、テレビで目にしていた光景を目の前にして、とてもテンションが上がっています。歴代横綱の写真や化粧まわしなどの展示品を興味深く見ていました。

徒歩10分

16:00~ 隅田川沿い

相撲博物館から数分のところには、旧安田庭園などのスポットも多くあります。大きな池や緑がたっぷりでとてもキレイな公園で、他にも江戸時代の名残を残す史跡もあります。
また、10分くらい歩いていると、隅田川沿いに出ます。江戸情緒を感じられる墨田川沿いをぷらぷらと散歩すると、時々タイムスリップしたかのような感覚を覚えてしまいました。

両国の街をたっぷりと満喫した後は、30分ほど電車に乗り、大人の街「銀座」に向かいました。

銀座線 20分

18:00~ 板前和食 銀座 日月火

本日の夕飯は、銀座で和食会席を堪能します。旬の食材と季節の土鍋を堪能できるとても評判のお店ですが、父とは普段なかなかゆっくりと顔を合わせて話す時間がないので、今回は個室を予約し、親子の貴重な時間をたっぷりと過ごしてきました。
いつもなら酒が入るとお説教が始まるいつものうるさい父と違い、終始にこやかに酒を飲む姿に少し歳をとったのかとも思ってしまいました。

板前和食 銀座 日月火

東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座 6F
TEL 050-5872-2826
営業時間
 平日・祝前日 1:30-15:00/17:30-23:00
 土曜 11:30-16:00/17:00-23:00
 日曜・祝日 11:30-16:00/17:00-22:00
 予約可

タクシー15分

21:00~ 有楽町高架下の飲食店街

istock

おいしい料理の数々にお腹が満たされた父は、もう1軒行こう!と気分が良くなり、タクシーに乗り込んで有楽町に。先程までの雰囲気とは一気に変わり、昭和時代にタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気の飲食店が立ち並ぶ有楽町の高架下のお店で、お酒を片手に父と盛り上がりました。

大好きなお相撲の街にも行け、おいしい料理やお酒を堪能でき、上機嫌で帰って行った父の後ろ姿を見て、こちらも嬉しくなりました。
今回行けなかったところを含め、また父と一緒にちょっとした旅行を楽しめればと、ひとりで考えている今日この頃です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.