画像1: 撮影・仲西マティアス

撮影・仲西マティアス

渋谷区では、20年ぶりに新たに策定した区の基本構想をより多くの人に知ってもらおうと、歌やダンスなどさまざまな表現で展開。区民が基本構想を知り、街づくりに参加することの大切さを長谷部健渋谷区長に語ってもらった。(聞き手・一木広治)

「基本構想から夢をふくらませてほしい」

――渋谷区では現在、子供たちにタブレット端末を貸し出してICT教育に役立てているそうですね。
「去年の秋から、区内の公立小中学校へ通う児童生徒に対して1人1台のタブレット端末を貸与しています。学校の授業で使うだけではなく持ち帰ることもできるというのがポイントです。自宅で復習や予習もできますし、先に進みたい子はどんどん学習を進められるようにしても良いかもしれません。通信も近いうちに5Gが登場しますが渋谷区はいち早く取り入れたいですね」

――渋谷区では次々と新しいことが行われていますね。

「2016年、渋谷区の基本構想を20年ぶりに新たに策定しました。“ちがいを ちからに 変える街。渋谷区”をスローガンに、7つの項目に分けて渋谷区が目指す姿を記したものです。基本構想は渋谷区の政策の型となるもの。いろいろな施策がこれに紐づいてくるので、区民の皆さんはもちろん渋谷で働く人、訪れる人も、この基本構想に基づいて、いろいろな新しい発想をして区に提案してみてほしいのです。これが“YOU MAKE SHIBUYA”という言葉に込めた思いです。そのためにも多くの人に渋谷区基本構想を知ってもらいたい。この基本構想は、絵本のようなデザインで、渋谷らしいものになっています。書かれている言葉も分かりやすく、アイデアを促すようなキーワードを散りばめた文章になっています。例えば“健康・スポーツ”の項目では“思わず体を動かしたくなる街へ”という見出しを立て“渋谷区そのものを15K平方メートルの運動場”ととらえてみよう、というように。自治体のスポーツ振興というとスポーツ施設を作るケースが多いですが、渋谷区は土地も限られていますし高いです(笑)。でも渋谷区全体を運動場とイメージすると、自分なりにアイデアがわいてくるのではないでしょうか。今では昔のように家の前でキャッチボールなんてなかなかできませんよね。でも、あるエリアに住む人たちから“日曜のこの時間は子供たちが近所の道で遊べるようにしたいんだけど”と提案があれば…そのエリアの通りが毎週日曜の数時間、ちょっとした運動場になるかもしれません」

――そのコンセプトをさまざまな表現で展開していますね。

「まず、基本構想のメッセージを歌にした『夢みる渋谷 YOU MAKE SHIBUYA』を作りました。作曲はカジヒデキさん、歌は野宮真貴さん。その歌を、合唱用にアレンジして渋谷区少年少女合唱団に歌ってもらったり、盆踊りバージョンを作って渋谷の盆踊りで踊ってもらったり。さらには学校の運動会などで子供たちにも親しんでもらおうと、ダンスバージョンも作っています。というのも基本構想は20年先を見据えたものになっているので、子供たちが基本構想を通して大人になったときの世界に夢を持ってもらいたいのです」

――2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた動きも始まっています。

「一昨年から〈オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業〉をスタートさせました。卓球やハンドボール、パラの卓球、バドミントン、ウィルチェアーラグビーといった渋谷区で開催される競技を中心に、実際に観戦してもらうことで、より関心を深めてもらおうというものです。もともとウィルチェアーラグビーがリオの前に渋谷区スポーツセンターで合宿をするなどのつながりもあり、応援している渋谷区民も少なくありません。それをもっと広げていこうと、去年からより力を入れ、体験会や観戦企画を実施しています。パラリンピック競技は草大会が少ないこともあって渋谷区で大会を開きたいという要望を頂き、少々気恥しかったのですが〈渋谷区長杯〉として開催させていただきました。やはり大会となると試合が白熱し、応援も盛り上がりますね。ある小学校では事前に応援の練習をするほど熱を入れて観戦を楽しんでくれました。パラリンピックといっても特別な応援があるわけではありません。もちろん、ルールを知っていたほうが楽しめるのは他の競技と同じです。またウィルチェアーラグビーの場合、選手の障がいによって持ち点が異なったりするので“この選手がブロックするのがどれほどすごいか”を知っていると、応援も白熱しますし拍手を送るポイントも分かりますね。ルールは難しいものではありませんし、試合を見ていれば楽しみながら覚えることができます。2020年まであと2年。実際の体験や観戦を通して、今年からは応援の文化も根付かせたいと考えています。日本人はシャイな面がありますけど、渋谷はノリのいい人も多いので、チアアップさせる応援の文化が渋谷から広まったら素敵ですね。あとは渋谷区のボランティアチームも立ち上げたいと思っています。大会に合わせて渋谷区には多くの観光客が予想されますから、大会のボランティアとは別に、駅周辺を案内するなど渋谷区のボランティアが必要だと思っています。今年から参加を募って、先ほどのような大会時にボランティアの練習をしてもらうことも考えています」

画像2: 撮影・仲西マティアス

撮影・仲西マティアス

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.