渋江譲二の『嗚呼!銀幕の女神様♡』第8回
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」
~男を成長させる?壮絶振り回し女子!~

こんにちは。渋江譲二です!

暖かくなってきましたね。いやむしろ暑いくらい。
そうなると街を歩く女子達の服装が華やかになり、景色が一変されますよね。
そう、露出です。

個人的に季節の変わり目の楽しみの一つです。


さて、気になった映画の女性キャラクターを紹介するこの連載ですが、
これを観たら紹介せざるを得ない作品に遭遇してしまいました!

その作品がこちら!↓

画像: (C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

(C)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

2017年公開作品『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
監督・脚本 大根仁

「モテキ」もそうですが、大根仁監督の描くヒロインは世の男子を翻弄する悪魔的な魅力が満載!
さらに音楽、ファッション、サブカルチャーなどトレンドのものを上手く取り入れたオシャレな世界観には一瞬で魅了されてしまいます。
今回も大満足!ステキな作品に仕上がっておりました。。


そして今回ご紹介する女性キャラクターはもちろんこの方!

画像: twitter.com
twitter.com

水原希子さん演じる天海あかりちゃんです!


水原希子さんがお美しいのはもちろん存じておりました。
しかし・・・・!しかし!!今回のあかりちゃんのパンチ力はハンパない!!!
セクシー!キュート!ビューティフル!どんな褒め言葉も足りないほどの魅力を惜しみなく見せてくれるのです。

溢れ出る色気はもう言葉で説明ができません。とにかく観てください。
水原希子さんの色んな髪型やファッションが楽しめちゃいます!

とってもエロス!!!!

※この先ネタバレになる可能性があります。ご注意ください。

妻夫木聡さん演じる主人公のコーロキは、例えテレビに出ても力まない、カッコつけない、それが逆に魅力のカッコいい男・奥田民生の生き方に少年時代から憧れていた。
おしゃれライフスタイル雑誌編集部に移動になったコーロキは、仕事先のアパレルのプレスとして働く水原希子さん演じる天海あかりに一目惚れ。
あかりに釣り合う男になるため仕事をがんばるが空回り。。
しかしひょんな事からあかりと急接近!
奔放なあかりの言動に振り回され心身ともに疲弊していくコーロキ。
果たしてコーロキの恋の行方は?
コーロキは憧れの奥田民生のような大人になれるのか!?

そういえばちょっと前にアパレルメーカーで「ビジュアルプレス」という肩書きが流行っていたの知ってますか?
その名の通り自らが広告塔となり自社の洋服を着て宣伝する、モデルさんのような容姿の良いプレスさんのことです。

実際知り合いにもいました。
「今仕事はなにしてるの?」という僕の問いにその子は「ビジュアルプレス!」と普通に答えておりましたが、
今考えるとなんと小っ恥ずかしい自己紹介でしょうね。。

今回のあかりちゃんもきっとそのビジュアルプレス!
愛想は振りまくけど仕事の意見はズバズバ言うサバッとしたカッコイイ一面も見せてくれます。
女子会ではおもしろキャラにも徹する女子にも嫌われない完璧女子です。

そんな仕事中のあかりちゃんもやはりカワイイ!
思わず後ろ姿を携帯で盗撮しそうになるコーロキくん。

気持ちは分かる!分かるけどいかんぜよっ!!


付き合っている彼氏の悩み相談を受けるうちになんと付き合うことになったコーロキとあかりちゃん。
やっぱり相談は付き合っちゃうパターンの典型なんだなぁ。。

水族館、飲み屋、さらに車の中やどこかの階段など場所も構わずチュッチュする2人!
このイチャイチャインサートは必見、、!羨ましいです。。


しかしあることがキッカケで急に連絡がとれなくなるあかりちゃん。
コーロキが何度連絡しても応答なく。
ヤキモキするコーロキは考えに考えLINEを送ろうとするのだけど、考えれば考えるほど長~い文章に。

これもあるあるですよね。
自分の懐の深さをアピールしようとして優しい言葉や好きな気持ちを羅列して、相手がLINEを開いた瞬間げんなりする長文。
しかもLINEってチャット形式だからか改行が早いので余計長文に見えるんですよ。
こういうの僕も経験あります、何度か笑
恋愛するたび同じことを繰り返すのが男ですね。


惚れたがために、小悪魔で放っておくと気持ちが離れていってしまいそうな危なっかしさのあるあかりちゃんに散々振り回されたコーロキでした。


物語は仰天のクライマックスを迎え、その後彼女は突然コーロキの前から姿を消してしまいます。
本当にあかりちゃんは存在していたのかと疑ってしまうほど綺麗さっぱりと。

彼女が去る前に口にした「あなたが思う私が私だよ」というセリフ。

彼女はその人が理想とする女性になる。
そんな女性に出会ったコーロキは彼女を通して成長し、思い描いていた奥田民生のようになれるかは分からないけど、自信をつけ大人になってゆく。
あかりちゃんは冴えない男を立派なイイ男に変える、小悪魔ではなく天使だったのかもしれません。

エンディングで海を必死で泳いでいるコーロキのイメージは、
理想に近づこうともがく男の姿を描写していたように思います。


ほんとはもっと詳しく物語を説明したかったのですが、やっぱり実際観てもらうのが一番!
他にも主人公2人をとりまくクセの強いキャラばかりです。

必ず今回のヒロインに惚れちゃいますよ!!

余談ですが、妻夫木聡さんと新井浩文さんがランチをしていたカレー屋は千駄ヶ谷にある「ヨゴロウ(YOGORO)」。
ここのカレーはマジで美味いです。

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』予告

画像: 「民生ボーイと狂わせガール」予告 youtu.be

「民生ボーイと狂わせガール」予告

youtu.be

著者 渋江譲二

渋江譲二(しぶえ・じょうじ)
1983年3月15日生まれ。
長野県出身。2003年にドラマ『美少女戦士セーラームーン』タキシード仮面役でデビュー。
主な出演作はEX『仮面ライダー響鬼』(2005)、TBS『砂時計』(2007)、NTV『ホタルノヒカリ』(2007)、映画『クロサワ映画』(2010)、『ふるさとがえり《主演》』(2011)など。2017年1月より放送のAbemaTV『特命係長 只野仁』へレギュラー出演。
公式ブログ『矛盾の男』http://yaplog.jp/shibue-jouji/
公式Twitter @shibue0315

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.