映画スター・名監督が集う伝説のレストラン「エデン・ロック」とファンタジックな夜の映画体験

連日の動き回った疲れが出てきたので、ちょっと遠出してゆったりランチに行くことにしました。

世界的映画スターや名監督が集う伝説の名店「エデン・ロック」!
ジョニーデップさんが、映画祭の度にわざわざボートで来るというのは有名な話。

画像: 外に広がる南仏の海

外に広がる南仏の海

今一緒にお仕事している奥山和由プロデューサーも黒澤明監督やクリント・イーストウッドさんとお会いした思い出のお店だそうです。

場所柄、1人では流石に…と思い、ちょうど、カンヌに来ていた芸能プロダクション社長兼映画プロデューサーの木谷真規さんをお誘いし、待ち合わせ。

画像: 左より江角 早由里 木谷真規

左より江角 早由里 木谷真規


エントランスで、某大手映画会社のヒットメーカーであり、憧れのプロデューサーらしき人とすれ違ってびっくり。確信が持てなくて、話しかけられず、ちょっと後悔…。

中に入ると店名の通り、穏やかな海を臨むロケーションはまさに天国のよう…

画像1: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験


スター御用達とあって、ランチとはいえ、ものすごく立派なお値段でしたが、なかなか来れる機会もないので、おススメのビュッフェを注文。

海の近くということもあり、シーフードが揃っていました。

画像3: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

ボート寄せ近くの岩場には、海から来るセレブを待ち構えるパパラッチも…笑

この時期は、夜な夜な映画関連のパーティーが開かれているそうで、夜のイベントに備えて(?)準備をしているようでした。

画像4: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験


メイン会場では、映画祭の後半ショートフィルムの上映が行われています。

今回、木谷さんからお誘いいただき、イラン出身でNHKなどの番組を中心にタレント・女優・モデルとして活躍しているサヘル・ローズさんの主演映画『冷たい床/Cold Feet』がショートフィルムコーナーで上映されるということで、鑑賞してきました。

画像5: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

愛する者の「罪」に人はどう向き合うのか。
「赦すこと」に主眼を置いた、ショート・サスペンス・スリラーです。

画像6: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

ニース国際映画祭のコンペティション部門でも作品賞を受賞されたとのこと。おめでとうございます!!

サヘルさんは、半日ほどご一緒したのですが、日本語を日本人以上に美しく使っていることに驚いて「日本語が綺麗ですね」とお伝えすると「日本の方と同じように接したかったので…頑張りました」と答えた笑顔がとても印象的でした。「忙しい中、わざわざ観に来てくださって本当にありがとうございます」と何度もおっしゃってくださり、謙虚で努力家で気遣いが素晴らしい素敵な女優さんだなぁ〜と感動しました。今後のご活躍も楽しみにしております。

夜は、毎晩21:30〜パスがない一般の人でも無料で入れるビーチの野外上映へ!

画像8: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

出発前に奥山和由プロデューサーが「そういえば、カンヌの海岸で酔っ払ってたフランコネロに会ったんですよ。拙い英語で、フランコネロさんですか?と話しかけたら、彼は驚いた様子で、なんでわかるんだと聞いてきました。ジャンゴを観たと話してから、少し会話をして別れました。後日、彼が直筆で手紙を書いて、次回作を送ってくれました。映画は正直つまらなかったのですが(笑)、海岸にはそんな思い出があります。」と海辺でのエピソードを話してくれました。

そんな心地の良いビーチには、常に人がいますが、野外上映に向けてスクリーンがライトアップされると、とても幻想的な雰囲気になり、益々賑やかなって来ます。

画像: カンヌ野外上映 youtu.be

カンヌ野外上映

youtu.be

大きなスクリーンでオープンな空間なので、どこからでも観れるのですが、せっかくなので砂浜の席に座ろうと思い、手荷物検査をして会場内へ

画像9: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

待っている間は、ダンスミュージックが流れ、陽気に躍るご夫婦。楽しそうです。

画像: カンヌ野外上映2 youtu.be

カンヌ野外上映2

youtu.be

『東京物語』など、日本の作品が上映されることもありますが、この日は全く知らない海外の映画でした。クラシックなものも含め、比較的知名度の高い映画が上映されているようです。

最初に関係者と思われる人の挨拶があり…

画像10: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

満席の会場から拍手が。

画像12: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

いよいよスタートです。

画像13: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

さざ波を聴きながら、大スクリーンに映画が映し出される様子は、とても雰囲気があります。

日本では、一度も体験したことがない海辺での野外上映。

画像14: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験


すごく素敵な映画体験になりました。

画像15: 「映画『熱狂宣言』プロデューサー江角 早由里の初カンヌ国際映画祭-体当たり紀行」第五回-伝説のレストラン「エデン・ロック」と夜の映画体験

次回は、番外編として、カンヌに来た映画スターたちが足を運ぶ南仏のピカソが愛した小さな田舎町・ムージャンと、映画祭のパーティーでもケータリングオファーが絶えないニースの人気日本人シェフの名店をご紹介したいと思います。

(続く)

江角 早由里 Sayuri Ezumi
1986年生まれ、東京都出身。大学在籍中に中原俊監督『櫻の園』にインターンとして参加し、演技事務を担当。外食企業に新卒入社し、広報・PRに従事。コンセプトレストランと映画や舞台、ゲームなど異業種コンテンツとのコラボレーション展開などを数々手がける
(※)現在は、映画プロデューサー奥山和由が製作・監督を務める2018年秋に公開するドキュメンタリー映画「熱狂宣言」でプロデューサーを務めている。
(映画「テッド」「スノーホワイト」、ゲーム「大神 絶景版」「戦国BASARA4」、サンリオピューロランドのハローキティ誕生40周年記念ミュージカル 「不思議の国のハローキティ」、など)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.