概要

●葬儀はいったい誰のもの?
●地方葬儀社だから何もできないのは大間違い
●Web仲介が伸展しているのは誰のせい?
●革新することが世間の常識であることに気づけ!

日時

フューネラルビジネスシンポジウム2018
2018年6月28日(木)14:30~15:40(70分)

受講料

8,000円

登壇者

遠藤 元也((資)花王堂 大曲葬儀社 代表)

えんどう・もとや●1964年、秋田県大曲市(現大仙市)にて青果物卸売業を営む家の長男として生まれる。仙台市中央卸売市場仲卸会社、スーパーマーケットに勤務後、92年に帰郷。青果物卸売業・温浴業等の経営に携わる。2007年、現在創業90年を数える花王堂大曲葬儀社に入社。08年9月に店舗と葬儀会館一体型の花王堂やすらぎホール彩葉花開設を機に同社4代目社長に就任。11年には全国の葬祭業同志とともに「葬儀100年会」立ち上げる。「常識を疑え!」を信条に老舗葬儀社を変革中。

詳細・お申込

フューネラルビジネスシンポジウム2018

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.