2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高く、舞台、ラジオドラマ、絵本、朗読劇と、数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」。
原作者の有川浩自身も、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも参加しています。
猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難とされてきた本作ですが、満を持して福士蒼汰、猫(ナナ)の心の声を高畑充希が演じることで完全実写化いたしました。

そしてこの度、この秋、最注目の映画『旅猫リポート』に、竹内結子が出演することが決定いたしました!

画像1: ©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

これまで数多くの作品に出演している竹内が今回演じるのは、福士演じる悟を幼少期から見守る親戚の叔母の法子(ノリコ)で、物語の鍵を握る重要な役どころです。

本作で竹内と福士は初共演になりますが、「福士さんは相手に無理させないようすごく穏やかに、細かい気配りをしてくれる方で、現場はとても居心地がよかったです」とコメントしているように、自然に役としての関係性を作り、物語に深みと説得力を加えています。また、過去に実家で猫を飼っていて、猫が大好きと言うことから、猫とも息のあった演技を披露しています。気まぐれなナナに振り回されながらも、撮影を存分に楽しんだ様子。

画像2: ©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

悟とナナの新しい飼い主を探す最後の旅に、竹内演じる法子がどのように関わってくるのか、注目です。
そして、この度、竹内の出演に加えて、場面写真が初解禁されました。福士・竹内・ナナの3ショットからは、和やかな雰囲気が伝わり、映画本編への期待が膨らみます。

竹内結子 コメント
以前、実家で猫を飼っていたこともあり、猫は大好きで、オファーをいただいた時はまず嬉しかったです。台本を読み、ナナと悟のやりとりにボロボロと泣いてしまったのですが、とても心温まる作品だと感じ、「ぜひ、参加したい!」とお受けしました。
撮影現場は、スタッフ全員がナナに無理をさせない意識を持っていたので、適度な緊張感と優しいまなざしに包まれた現場でした。
福士さんとは初めてご一緒したのですが、福士さんも相手に無理をさせないよう細やかな気配りをしてくださるので、撮影期間はとても穏やかで居心地が良かったです。
ナナは少しカールがかかった独特な毛並みと少し生意気そうな表情だったり、仕草やたたずまいが、とにかく可愛いいんです。私は悟の叔母役を演じていたこともあって、悟とナナの旅を見守るような気持ちになりました。
これからご覧になる方々も、そう感じていただけたら嬉しいです。

福士蒼汰コメント
共演させて頂き大変光栄でした。
今回初めてご一緒させて頂き、とても包容力のある方だと感じました。
お芝居をさせて頂いている中で、竹内さん演じる法子のまとう女性の繊細さと強さの両面に、悟として大きな影響を受けました。

画像3: ©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

<ストーリー>
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探す旅に出る。
「さあ行こう。これは僕らの最後の旅だ」
悟とナナは、悟の小学校時代の親友、高校時代の初恋の人など悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを、順に訪ねていく。それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。
旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演) ナナ  /竹内結子 
監督:三木康一郎  
脚本:有川浩、平松恵美子  
音楽:コトリンゴ  
企画・配給:松竹
公式twitter:https://twitter.com/tabineko_movie
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

10月26日(金)全国公開!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.