「父の日が迫ってきたけれど、何を贈るかまだ決め切れていない」「多忙でプレゼントを選ぶことができず、気づいたら父の日は目前……」とお困りになることはありませんか?
今回は、父の日目前でも、ギフトをすぐにプレゼントする方法をご紹介します。

どんなに忙しくても、父の日当日に間に合うようにプレゼントしたい!とお考えなら、ぜひ参考にしてください。

ギフト付き電報を贈る

電報は、申し込みからお届けまでのスピードが速いという長所があります。
とはいえ、「父の日のお祝いが電報だけでは素っ気ない」と感じる方もいらっしゃるでしょう。そんなときにおすすめしたいのが「ギフト付き電報」です。

ギフト付き電報でメッセージと共に贈ることができるギフトにはさまざまなものがあります。
例えば日本酒やワインといったお酒や、ゴルフマーカーなどの小物やコインケースなどの革小物、ミニ観葉植物、カタログギフトなど。価格は5,000~10,000円くらいが相場です。

電報会社によって贈ることのできるギフトが異なるため、お父さんの好みに合いそうなものを選んで申し込みましょう。

当日・翌日配送可能なギフトを探す

インターネット通販サイトの当日・翌日配送サービスを利用すれば、父の日まであまり時間がない場合でも、父の日に間に合う可能性があります。
しかし、実家が当日・翌日配送サービスの対象外である場合も考えられますので、確実とはいえないかもしれません。

また、お父さんに贈りたいギフトが見つかっても、父の日直前だとすでに品切れで注文不可、となっている場合もあります。

急ぎのタイミングであっても、できるだけ早めに贈りたいものを見つけたいところですが、贈りたいギフトの在庫状況や到着日のチェックは忘れないように注意しましょう。

当日・翌日にお届け可能な配送サービスを利用する

画像: 当日・翌日にお届け可能な配送サービスを利用する

「プレゼントはすでに用意できているけれど、今から普通に発送しても間に合わないかも……」とお悩みのこともあると思います。
そのような場合は、当日に集荷して当日または翌日に届けてくれる配送サービスの利用を検討してみましょう。

配送会社によって配送料金が異なるのはもちろんですが、バイクや自転車、新幹線など、どのような手段で配送するかによっても大幅に異なります。

例えばバイク便の場合、配送する場所が10km離れている場合は3,500~4,500円ほどかかります。
新幹線や飛行機を使って運ぶハンドキャリー便の場合は、距離や利用する交通機関などによって、40,000~100,000円ほどかかる場合があります。

ご実家までの距離や配送方法によっては1時間以内に届けられることもあるため、お金よりもスピード重視という方にはぴったりです。

お父さんの元へ自分で届ける

画像: istock

istock

ご実家がよほど遠方でなければ、父の日ギフトを購入した後、そのままお父さんの元へ届けに行くというプレゼント方法もおすすめです。
父の日のお祝いも兼ねて、お父さんの顔や様子を見ることもできますよ。

自分で届ける場合は届けてすぐに帰ってしまうのではなく、せっかくですから一緒にお茶や食事をするなど、親子でゆっくり話をする時間も取ると良いでしょう。
翌日にお休みを取れるのであれば、一泊していっても良いですね。

おわりに

今回は、父の日目前でも、ギフトをすぐにプレゼントする方法についてご紹介しました。
ギフト付き電報や、当日・翌日配送可能なインターネット通販サイトのギフト、当日・翌日に届けられる配送サービスなど、父の日当日にギフトをプレゼントできる便利なサービスはたくさんあります。

しかし、やはりお父さんにとって嬉しいのは、お子さんと会えることや一緒に過ごす時間ではないでしょうか。

もし、すぐに会いに行ける距離なら、父の日当日に時間を作って、ギフトを届けてあげることも検討してみてくださいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.