6月1日(金)より、人気シリーズ<“ご当地”すた丼>の第5弾として「博多とんこつ“MTK”すた丼」が全国の店舗(一部店舗除く)で期間限定販売されます。

"ご当地"すた丼シリーズ 第5弾は「博多」

伝説のすた丼屋では、2017年6月に当店の北海道初進出を記念した「北海道すた丼~濃厚バター醤油味~」の販売を皮切りに<“ご当地”すた丼シリーズ>を展開。同年8月に第2弾「仙台牛タン塩すた丼」、12月に第3弾「大阪牛ホルモン味噌すた丼」、2018年1月には第4弾「広島風お好み焼きすた丼」が販売されました。そして第5弾となる今回は、シリーズ第1弾を販売してからちょうど1周年ということで、節目に相応しい大都市、かつ“グルメ”のイメージが強い福岡県の「博多」にスポットを当て、いわずと知れた博多名物の「とんこつラーメン」をすた丼屋流にアレンジ。

画像: "ご当地"すた丼シリーズ 第5弾は「博多」

「博多とんこつ“MTK”すた丼」は、ニンニクのパンチが効いたこってり濃厚な“特製すたみなとんこつダレ”をたっぷりの豚バラ肉に絡め、茶碗約3杯分の大盛りご飯の上に豪快に盛り付けたジャンクな一品。ご飯と肉の間には、「博多とんこつラーメン」の薬味として定番の高菜ともやし炒めを敷き詰めており、トッピングには輪ねぎ、きくらげ、紅生姜を使用し、丼ぶりの上に「博多とんこつラーメン」を表現しました。さらに当店流のアレンジとして、豚バラ肉の山頂には、博多名物の「明太子」を盛りつけ、「とんこつ×ニンニク×明太子」という新発想のジャンク飯が完成しました。

こだわりの"特製すたみなとんこつダレ"

「博多とんこつ“MTK”すた丼」の肝となるこだわりのタレに使用する自社開発の「とんこつベース」は、豚骨から抽出した濃厚なポークエキスに、味や風味の強い明太子やニンニクとマッチするよう、かつお節エキス・ねぎエキス・ごま油・水あめなどの配合を調整。調理の過程で「秘伝のニンニク醤油ダレ」を加えることで、こってり濃厚な味わいにニンニクのパンチが効いた“特製すたみなとんこつダレ”に仕上がっています。

画像: こだわりの"特製すたみなとんこつダレ"

商品名“MTK”とは…
「博多とんこつ“MTK”すた丼」の“MTK”は、「めんたい(M)」「たまご(T)」「かけ(K)」の頭文字を取ったこだわりの商品名です。溶いた生玉子と明太子を合わせ、濃厚な特製とんこつダレが絡んだ豚バラ肉にかけると、明太子の塩味と玉子のまろやかなコクと旨みで、より味わい深く、よりジャンクな味わいに。明太子のピリッとした辛みを加えることで、夏に向かって気温が上昇する時期でも、ボリューム満点の一杯を最後までガッツリと味わうことができますよ!

【 博多とんこつ“MTK”すた丼』商品概要】
販売価格: 980円(税込/生玉子・味噌汁付)
発売日 : 6月1日(金)
販売店舗: 「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」全国各店舗
      ※下記店舗では販売しておりません。
      中野新橋店、み~さんの店、談合坂SA(下り線)店、清水PA店

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.