「平成30年度 東海小学生テニス選手権大会 兼 第36回 全国小学生テニス選手権大会 東海地域予選」(三重県鈴鹿市・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿/6月2~3日/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、男女シングルス準決勝と決勝などが行われた。

 トップ2シードの対戦となった男子シングルス決勝は第1シードの富田悠太(名古屋市立砂田橋小)が第2シードの坂本怜(名古屋市立楠西小)を6-3 4-6 6-1で、女子シングルス決勝は第1シードの津田梨央(名古屋市立北一社小)が第3シードの林妃鞠(鈴鹿市立一ノ宮小)を6-3 6-1で破り、それぞれ優勝を飾った。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○1富田悠太(名古屋市立砂田橋小)[1] 6-3 4-6 6-1 ●32坂本怜(名古屋市立楠西小)[2]

男子3位決定戦

○24中廣勇太(安城市立里町小)[4] 8-4 ●9古田仁(美濃市立藍見小)[3]

男子シングルス準決勝

○1富田悠太(名古屋市立砂田橋小)[1] 7-6(4) 6-1 ●9古田仁(美濃市立藍見小)[3]

○32坂本怜(名古屋市立楠西小)[2] 7-6(5) 6-2 ●24中廣勇太(安城市立里町小)[4]

女子シングルス決勝

○1津田梨央(名古屋市立北一社小)[1] 6-3 6-1 ●24林妃鞠(鈴鹿市立一ノ宮小)[3]

女子3位決定戦

○32成田百那(名古屋市立春日野小)[2] 8-2 ●9後藤苺衣(磐田市立東部小)[4]

女子シングルス準決勝

○1津田梨央(名古屋市立北一社小)[1] 6-3 6-1 ●9後藤苺衣(磐田市立東部小)[4]

○24林妃鞠(鈴鹿市立一ノ宮小)[3] 6-4 6-3 ●32成田百那(名古屋市立春日野小)[2]

※写真は男子優勝の富田悠太(名古屋市立砂田橋小/左)と女子優勝の津田梨央(名古屋市立北一社小/右)
写真提供◎三重県テニス協会ジュニア委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.