アマチュアが苦手とするクラブの代表といえばフェアウェイウッドだが、“ノリー”こと堀口宜篤プロによると「コツさえつかめば簡単に飛ばせるようになる」とのこと。写真と動画で分かりやすく解説してもらった。

フェアウェイウッドでもしっかり飛ばそう

フェアウェイウッドが苦手な人が多い原因は、ボールが上がりにくいという先入観から、ついボールを上げようとする意識が強くなりすぎて、スウィングを崩してしまうことにあると堀口プロは言う。

「ボールが上がらないイメージがどうしても拭えず、手先だけでボールを上げようとして体が起き上がってしまったり、すくい上げようという意識から右肩が下がってダフってしまったり。上げようとする動きは百害あって一利なし。まずは上げようとする意識をなくすことが、フェアウェイウッドで飛ばすための近道です」(堀口、以下同)

そのために意識すべきは、肩の動かす方向だ。

「ボールを上げようとすると、肩を縦に回す動きになります。そうではなく、しっかりと肩を横に回転させることを意識しましょう。体を水平に回す動きになり、低くフォローを取ることが大切です。これができれば、あとはクラブのロフトがボールを上げてくれますから」

画像: 右が正しい回転。しっかりと横に回転することでボールに対してまっすぐ当たる

右が正しい回転。しっかりと横に回転することでボールに対してまっすぐ当たる

上げたいと思うほど、ボールは上がらない。反対に、肩を横に回し、まずはしっかりとボールにコンタクトしてあげれば、自然にボールは上がってくれるというわけだ。フェアウェイから飛距離を稼ぐことにできるフェアウェイウッドは使いこなせば大きな武器となるクラブ。動画で細かい動きをチェックして、ぜひ得意クラブにしてしまおう!

画像: フェアウェイウッドYOUTUBE youtu.be

フェアウェイウッドYOUTUBE

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.