アメリカンフットボールの「Xリーグ」は、6月10日、富士通スタジアム川崎で、春季東日本社会人選手権「パールボウル」トーナメントの準決勝2試合を行った。第2試合のIBMビッグブルー―ノジマ相模原ライズの1戦は、IBMが延長タイブレーク(TB)の末に、24-21でノジマ相模原を振り切って、決勝(6月28日、東京ドーム)に進出した。

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMのDB神津がノジマ相模原のパスをインターセプト=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMのDB神津がノジマ相模原のパスをインターセプト=撮影:Yosei Kozano

IBMビッグブルー○24―21●ノジマ相模原ライズ

IBMは、第2クオーター1分にQBケビン・クラフトからWR白根滉に26ヤードのタッチダウン(TD)パスを決めて先制。ノジマ相模原は同5分にQBジミー・ラフレアからWR中田結にTDパスが通って同点としたが、IBMは直後のキックオフでWR栗原崇が89ヤードのリターンTD。さらに9分にはWR鈴木隆貴にTDパスが通ってIBMが24-7とリードして後半へ折り返した。ノジマ相模原は第4クオーターに、WR八木雄平へのTDパスとRB東松瑛介のランTDで同点とした。さらに試合最終盤でエンドゾーンまで18ヤードに迫り、残り3秒で、決勝フィールドゴール(FG)を狙った。しかしK鈴木健太の蹴ったボールは、左に外れ延長TBとなった。
TB先攻のノジマ相模原は、パスをインターセプトされ無得点。後攻のIBMはK佐藤敏基が19ヤードのFGを決めて、熱戦に終止符を打った。

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMのDB神津がインターセプト。大喜びのサイドライン=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMのDB神津がインターセプト。大喜びのサイドライン=撮影:Yosei Kozano

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMのQB政本が14ヤードをゲイン=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMのQB政本が14ヤードをゲイン=撮影:Yosei Kozano

延長で飛び出した値千金のインターセプト

残り3秒からの「サヨナラ勝ち」の機会を逃したとはいえ、延長TBのモメンタムはノジマ相模原にあった。QBラフレアのパスは、尻上がりに調子を上げ、後半は14/20で195ヤード。エースWR八木との呼吸がピッタリ合っていた。

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】IBMのDLトゥアウのプレッシャーを受けながら冷静にパスを決めるノジマ相模原QBラフレア=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】IBMのDLトゥアウのプレッシャーを受けながら冷静にパスを決めるノジマ相模原QBラフレア=撮影:Yosei Kozano

TBのファーストダウンで、ラフレアが走り、13ヤードまで前進。しかし次のオフェンスでラフレアが外のレシーバーを狙ったパスがコントロールミスとなった。このボールを指先で引っ掛けながらしっかりキャッチしたのがDB神津大地だった。IBMはこの勝機を逃さず、QB政本悠紀のランなどでボールを着実に前進させ、K佐藤のFGに結びつけた。

値千金のインターセプトを決めた神津は「しっかりカバーしていたのに、投げてきたのでびっくりした。守備のプレッシャーが効いていたのが良かった」という。ラフレアにプレッシャーをかけたのはLBコグラン・ケビンだった。コグランはこの試合しばしばブリッツをしかけただけでなく、冷静な読みで2インターセプトも決めていた。

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】IBMのLBコグランがパスをインターセプトし44ヤードをリターン。コグランは2インターセプトと活躍した=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】IBMのLBコグランがパスをインターセプトし44ヤードをリターン。コグランは2インターセプトと活躍した=撮影:Yosei Kozano

今年が加入2年目の神津は、米国のベイカー大学の出身。日本の高校を卒業した後、ジュニアカレッジも含め5年間米国でプレーしていたため英語は堪能だ。今季就任したアシスタントヘッドコーチ兼任のトム・カウマイヤーアーディフェンスコーディネーター(DC)からの指示をディフェンス陣がどこまで理解しているか確認する役割も、コグランと2人で担っている。「トムさんは常にアグレッシブ。『相手がやりたいことをやる前に、自分たちから仕掛けろ』と言われる」という。

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】中谷主将(#1)らIBMディフェンス陣に檄を飛ばすカウマイヤーDC(中央)=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】中谷主将(#1)らIBMディフェンス陣に檄を飛ばすカウマイヤーDC(中央)=撮影:Yosei Kozano

カウマイヤーDCは「グレートタイミング、グレートプレー」と神津のインターセプトを賞賛した。「(ラフレアは)プロスタイルのとても素晴らしいQB。とても冷静で、スラントでも、縦のパスでも、正確なスローで、第4クオーターには85番のレシーバー(八木)に何度もパスを決められた。我々のゲームプランは追い込まれていた」と話す。そして「チャールズ(・トゥアウ)らDLのプレッシャーも強く掛かっていて、幸運にもインターセプトすることができた」という。

IBMは獲得ヤード(289対357)もファーストダウン(16対21)も、ノジマ相模原に上回られたが、3インターセプション、1ファンブルリカバーと勝負どころのターンオーバーで勝ち切った。カウマイヤーは「どんなときでも我々はポジティブに守る。ターンオーバーを狙って行かなければならない」と話す。

パールボウルでは、オービックのQBスカイラー・ハワードとの対戦が待つ。「スクランブルからのラン、ディープスロー。素晴らしいQBだ」と認めるカウマイヤーDC。だが、決して引くことなく、アグレッシブなディフェンスで勝利を狙っている。【小座野容斉】

※ノジマ相模原ライズQBのJIMMY LAUGHREA選手は、本人に確認したところ「ジミー・ロックレイ」と発音するそうですが、Xリーグの公式記録及び、ライズの出場選手確認書に合わせて「ラフレア」と表記します。

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】IBMのRB伊藤が19ヤードを走ってファーストダウン=撮影:Yosei Kozano.

【IBM vs ノジマ相模原】IBMのRB伊藤が19ヤードを走ってファーストダウン=撮影:Yosei Kozano.

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMが決勝のFGを決める。抱き合って喜ぶホルダーのWR鈴木とK佐藤=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】延長TBでIBMが決勝のFGを決める。抱き合って喜ぶホルダーのWR鈴木とK佐藤=撮影:Yosei Kozano

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】第4クオーター9分、ノジマ相模原RB東松が同点のTD=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】第4クオーター9分、ノジマ相模原RB東松が同点のTD=撮影:Yosei Kozano

画像: 【IBM vs ノジマ相模原】ノジマ相模原の出島がキックオフリターンで突進する=撮影:Yosei Kozano

【IBM vs ノジマ相模原】ノジマ相模原の出島がキックオフリターンで突進する=撮影:Yosei Kozano

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.