『食べる女』
上海国際映画祭で他作品とは一線を画する、”GALA”部門で公式出品が決定!

2018年秋公開予定、映画「食べる女」にて、第21回上海国際映画祭GALA部門への公式出品、さらに上映後の舞台挨拶に、広瀬アリス、生野慈朗監督が登壇することが決定いたしました。

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と豪華女優陣が集い、先日の製作発表のニュースが大いに話題となった、映画『食べる女』。

画像: 『食べる女』 上海国際映画祭で他作品とは一線を画する、”GALA”部門で公式出品が決定!

<食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いていきます 。
筒井ともみ著「食べる女・決定版」(新潮文庫刊)のセンセーショナルな短編集を、筒井自身が脚本化!

そんな本作が公式出品されることが決定した上海国際映画祭は、中華圏で最大規模を誇る映画祭。 第21回目となる今回は、2018年6月16日(土)~6月25日(月)の10日間開催。
そんな栄誉ある上海国際映画祭で、映画『食べる女』が他作品とは一線を画する、”GALA”部門で公式出品されることが決定いたしました。
GALA部門で上映される作品は、 全体出品数500本のうちのわずか数作品。
また本作が上映されるのは、本映画祭のメイン会場である、「SFC Shanghai Cinema Hall 1」。
上海最大の客席数を誇る約2000人規模の会場で、映画『食べる女』が全世界で初めて上映されます!

そして本作の公式出品を祝うため、広瀬アリス・生野慈朗監督が上海国際映画祭に駆けつけ、映画上映後の舞台挨拶に登壇。
世界に向けて初めて映画『食べる女』 。なんと本上映のチケットは発売開始後、即完売だったとのことで、昨今日本映画への注目が高い中国で、どのような反響があるのか、ますます注目が集まります!

【イベント名】上海国際映画祭
【上映部門】GALA
【上映スケジュール】6/17(日) 18:30:GALA公式上映
上映後に広瀬アリス、生野監督登壇の舞台挨拶実施
【上映会場】 Shanghai FILM ART CENTER HALL 1

【監督】生野慈朗
【原作・脚本】筒井ともみ
【出演】小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/
ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人

2018年秋公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.