こんにちは!

先週、山梨県で行われていた、「富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP(ITF25,000$)」で、福田詩織(Ohio State Univ/YNMLLC)がベスト4に入りました!
予選からの出場で、計7試合戦いました。終盤は心身ともに疲れが見え、詩織持ち前の笑顔がだんだん少なくなっていきました。その中で最後までよく頑張ってくれたと思います。
今大会でベスト4に入ったことで、WTAポイントが18点入ります。WTAのルールでは、3大会でポイントを獲得するか、1大会で10点以上を獲得しなければランキングに反映されません。なので、今大会で18点獲得できたことによって、WTAランキングがつきます。
スタートラインに立ちました。

大一番は準々決勝の佐藤南帆選手との試合です。佐藤選手は、この間行われたフレンチオープンジュニアのダブルスで準優勝しており、ジュニア世界ランクもトップ10の選手です。さらに、ベスト8では9点しか獲得できないため、負けるとランキングがつきません。
詩織も僕もかなりプレッシャーを抱えながら試合に臨みました。
前日に佐藤選手の動画をよく見て、わずかな隙を探りました。
勝つことが必要だったのです。

下位の選手が上にいくためには、大きな大会で一気に勝ち上がる必要があります。資金的に厳しいため、たくさん大会に出場することが困難であったり、コーチを雇うことができなかったりします。
だからこそ、一つ一つがとても大事なのです。

実際に今大会もコーチがフルでついている選手はほとんどいませんでした。テニスプレイヤーが厳しい現状であることは僕も知っています。でも、必要なタイミングで自分に投資することが最も大切なことなのです。
そして、選手一人でできるほど、甘い世界ではありません。
この大会はWTAランキングのつく重要な大会です。WTAのトップ選手も参戦しています。もっとこの場にテニスコーチがたくさんいなければいけないと思いますし、テニスコーチという職業をもっと世の中に知ってもらいたいと感じました。そうすれば、日本のテニスのレベルも、テニスというスポーツの価値も上がっていくのではないでしょうか。

富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP(ITF25,000$)
〈予選〉
1R○Fukuda Shiori 6-1.6-1 ×Kawamura Chikako
2R ○Fukuda Shiori 6-1.6-0 ×Asakura Natsuki
決勝 ○Fukuda Shiori 6-1.6-0 ×Friant Eimi
〈本戦〉
1R ○Fukuda Shiori 6-3.6-3 ×Ushijima Risa[8]
2R ○Fukuda Shiori (3)6-7.6-0.6-3 ×Bojana Marinkov(AUS)
QF ○Fukuda Shiori 6-4.4-6.6-4 ×Sato Naho
SF ○Fukuda Shiori 2-6.2-6 ×Risa-Marie RIOUX

画像1: 「やすおのテニス世界紀行」〜富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP〜
画像2: 「やすおのテニス世界紀行」〜富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP〜
画像3: 「やすおのテニス世界紀行」〜富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP〜

先週、F軽井沢で優勝した斉藤貴史選手が会場に寄ってくれました!
貴史と会うのも久しぶりで、良い話ができました。貴史は良仁と同じ世代の選手で、ジュニアの頃からよく知っている仲です。それだけに、本当に頑張って欲しいと思っています。
彼の今シーズンの活躍を楽しみにしています!

画像4: 「やすおのテニス世界紀行」〜富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP〜
画像5: 「やすおのテニス世界紀行」〜富士薬品SEIMS WOMEN'S CUP〜

甲府は山が綺麗です!!
でも、梅雨の時期ということで、富士山は見えませんでした(T ^ T)

N.YASUO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.