人気ガールズバンド「SILENT SIREN(サイレントサイレン)」のベースを担当する「あいにゃん」こと山内あいなさんを「はこだて観光大使」に就任している魚住誠一さんが函館で撮影し、そのポートレート企画が月カメ7月号で6ページにて展開しております。「Webカメラマン」では、その一部をご紹介します。

この記事の詳細は月カメ2018年7月号をぜひご覧ください! 
■ヘアメイク:石川ユウキ(Three PEACE)  ■ロケコーディネート:高橋史貴

山内あいなさん(あいにゃん)ってどんな人?

人気ガールズバンド「SILENT SIREN」でベース担当。ファッション雑誌の連載を務めており、独自の世界観を持つ。バンドのメインアイコン「サイサイくん」やバンドのロゴ、オフィシャルグッズやキーヴィジュアルなど、イラストレーターとしての才能も発揮している。

画像: (使用機材)■ソニーα7R Ⅲ プラナーT*FE50mm F1.4ZA FE 85mm F1.4 GMなど

(使用機材)■ソニーα7R Ⅲ プラナーT*FE50mm F1.4ZA FE 85mm F1.4 GMなど

あいにゃんは、そのスラップ奏法が代名詞になり、男性アーティストに負けない超絶技巧な演奏に定評がある。その腕前は音楽専門誌で講座の連載を持っていたほど。 実の妹はアイドルユニット「ロッカジャポニカ」のリーダーとして活躍中で、最近では楽曲提供も手がけている。

画像1: 山内あいなさん(あいにゃん)ってどんな人?
画像2: 山内あいなさん(あいにゃん)ってどんな人?

ガールズバンド「SILENT SIREN(サイレントサイレン)」とは?

Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4名からなるガールズバンド。2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称”サイサイ”として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウントの登録者数は53万人を超える。

2015年にはガールズバンド史上最短で武道館単独公演を行い、翌年には横浜アリーナ公演、その翌年は武道館2Days公演も成功させ、2016年からはアジア・アメリカを周るワールドツアーも開催している。日本国内の主要ミュージックフェスにも積極的に出演し、自らが主催する「サイサイフェス」も今年で5年目を迎える。

なぜ、今回「サイサイ」と魚住誠一さんのコラボレーションが実現?

魚住さんに今回、サイサイとのコラボ撮影の経緯を聞いてみました。
魚住:今年の5月末、「サイレントサイレン」は北海道ツアーの一環で、函館でライヴがあり。翌日が移動日で半日時間があるとの情報を得たので、何とか撮影できないものかと思ってお願いしました。結果、メンバー全員、函館が大好きになったそうです。

魚住:あいにゃんは月刊ベース・マガジン誌(リットーミュージック刊)での撮影もあって、メンバーの中では一番古くから撮らせて頂いてます。いつも写真だと不思議な緊張感がありますね。それがあいにゃんだと思います。今回はアサヒカメラ、デジタルカメラマガジン、フォトテクニックデジタル、ベース・マガジン、モノ・マガジンとも連動しています。そちらもぜひチェックしてください!

この続きは月刊カメラマン2018年7月号で!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.