~親の家についてのアンケート~

リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、 代表取締役社長 中村 史朗)では、 全国の「親の家に関する悩みがある・あった」女性715人を対象に「親の家」についてのアンケート調査を実施。
リビングくらしHOW研究所 ウェブサイトはこちら⇒ http://www.kurashihow.co.jp

50代から本格化する「親の家」問題

40代以下はまだ「将来が心配」レベルが7割台

 本調査では、 「親の家に関する悩みがある・あった」 715人の回答者に対しアンケートを実施。 「将来が心配」「今まさに悩んでいる」「以前は大変だったがひと段落ついた」という3段階のカテゴリに分け、 悩みのジャンル、 親の家の現状、 今後の希望などを聞いた。

 年代別の3カテゴリの構成(グラフ1)は、 40代以下は「将来が心配」が7割台で、 親の家はまだリアルな問題ではない。 50代は「今まさに悩んでいる」が25%を占め、 60代以上では「ひと段落した」が38%になることから、 親の家に関する『心配』は、 50代~60代に具体的な『悩み』になり、 課題解決のプロセスを経て、 ある程度『収束』していくという流れが読み取れる。

「親の家」の悩み1位は「片付け」
「片付けで自分の一生が終わる気がする…」と絶望する声も

親の家の悩みを複数回答で聞いたところ(グラフ2)、 3カテゴリすべてで多かったのは、 「家の片付け」。 「片付け」は、 親が元気なうちに始まることも多く、 相続、 売却やリフォームそれぞれについて回るため、 幅広い層が問題意識を持っている。 親の家への意見や疑問を聞いたFAには、 「ため込んである荷物の処分に3ヵ月かかり、 体調不良になった」(65歳)、 「片付けで自分の一生が終わる気がする」(59歳)などの声も。

画像: 「親の家」の悩み1位は「片付け」 「片付けで自分の一生が終わる気がする…」と絶望する声も

全体の1割がすでに空き家に

空き家対策は「いつまでにするかわからない」が43%、 「3年以上先」が24%
現在の親の家の現状を聞いたところ、 最も多いのは「親や自分、 親戚が住んでいる」が、 「今まさに悩んでいる」層の22%、 「ひと段落した」層の15%、 全体では11%の親の家が、 誰も住んでいない“空き家”となっているという結果に。 「ひと段落」層では、 「売却した」人が33%を占め、「賃貸・駐車場など資産運用中」は3%と、 運用している人は少なめ(グラフ3)。

「空き家がある」と答えた80人に、 今後その家をどうしたいかを聞いた質問では(グラフ4)、 全体の45%、 「まさに悩んでいる」層の63%が「売却したい」と回答。 n数が少ないため参考値になるが、すでに3割が売却をしている「ひと段落」層では売却希望は33%に減り、 代わって「何もしない」が20%に。 対策をいつまでにしたいかを聞いた質問でも、 全体の43%が「わからない」、 24%が「3年以上先」と答えるなど、 手をつけかねている様子。

画像: 全体の1割がすでに空き家に

親本人や家族とともに考えなければいけない親の家問題
なのに 「話し合い自体のハードルが高い」という声が多数…

親の家は、 親本人や家族と共に考えなければならない問題。 グラフ5のように、 「まさに悩んでいる」層では「あまり+まったく話し合っていない」割合が47%と約半数ですが、 「ひと段落」層では20%と激減。 前進するには、 解決の方向への合意形成が必須になるが、 「なぜか先送りになる。 踏み込んだ話ができない」(57歳)というコメントのように、 話し合い自体のハードルが高いケースも多い。

画像: 親本人や家族とともに考えなければいけない親の家問題 なのに 「話し合い自体のハードルが高い」という声が多数…

 2020年代には団塊ジュニアも50代、 親の家問題も広がりが予想される。 悩める息子・娘世代へのアプローチには、 深刻化する片付けや、 家族間コミュニケーションに対するサポートやアドバイスを入口にするのが有効ではないか。


【調査概要】期間: 2018.4.25~5.6 / サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「シティリビングWeb」「あんふぁんWeb」でのアンケート / 調査対象:全国の女性 / 有効回答数:親の家に関する悩みがある女性715人(平均年齢:45.5歳)
【回答者年代】30代以下35.4% 40代28.7% 50代24.1% 60代以上11.9%




コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.