「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/ドイツ・ハレ/6月18~24日/賞金総額211万6915ユーロ/グラスコート)のシングルス2回戦で、第7シードの錦織圭(日清食品)はカレン・ハチャノフ(ロシア)に2-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間17分。

 今大会に6年連続出場となった錦織は、過去2度のベスト4(2014年、15年)が最高成績。1回戦では、予選勝者のマティアス・バッキンガー(ドイツ)を6-3 7-6(3)で破って勝ち上がっていた。昨年の大会でも2回戦でハチャノフと対戦したが、錦織が第1セット途中でリタイアしていた。

 この結果でハチャノフは、錦織との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。初対戦だった2016年9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の2回戦では、錦織が6-4 4-6 6-4 6-3で勝っていた。

 ハチャノフは準々決勝で、第4シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦する。バウティスタ アグートは2回戦で、ロビン・ハッサ(オランダ)を6-4 7-5で下しての勝ち上がり。

 錦織はマクラクラン勉(日本)とのペアでダブルスにも出場していたが、前日に行われた1回戦でマルセル・グラノイェルス(スペイン)/ハッサに3-6 6-7(3)で敗れていた。

※写真は錦織圭(日清食品)
HALLE, GERMANY - JUNE 20: Kei Nishikori of Japan plays a forehand in his match against Karen Khachanov of Russia during day three of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 20, 2018 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.