「ネイチャーバレー・クラシック」(WTAプレミア/イギリス・バーミンガム/6月18~24日/賞金総額93万6128ドル/グラスコート)のシングルス2回戦で、予選勝者のダリラ・ヤクポビッチ(スロベニア)と対戦した大坂なおみ(日清食品)は第1セットを3-6で落としたあとにリタイアした。試合時間は40分。

 今大会に3年連続出場となった大坂は、初めて本戦入りした昨年の大会で2回戦に進出し、ルーシー・サファロバ(チェコ)に2-6 4-6で敗れていた。1回戦では、ワイルドカード(主催者推薦枠)のケイティ・ブルター(イギリス)を6-1 6-2で破って勝ち上がっていた。

 両者は今回が初対戦。前週のノッティンガム(WTAインターナショナル/グラスコート)で8強入りを果たした27歳のヤクポビッチは、世界ランク自己最高の113位で今大会を迎えていた。

 ヤクポビッチは準々決勝で、マグダレナ・リバリコバ(スロバキア)と対戦する。リバリコバは2回戦で、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を3-6 6-2 6-1で下しての勝ち上がり。

※写真は1回戦での大坂なおみ(日清食品)
BIRMINGHAM, ENGLAND - JUNE 18: Naomi Osaka of Japan reaches for a forehand during her Round of 32 match against Katie Boulter of Great Britain during day three of the Nature Valley Classic at Edgbaston Priory Club on June 18, 2018 in Birmingham, United Kingdom. (Photo by Jordan Mansfield/Getty Images for LTA)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.