画像: 撮影・仲西マティアス ヘアメイク(岩田剛典)・下川真矢

撮影・仲西マティアス ヘアメイク(岩田剛典)・下川真矢

 EXILE HIROと、俳優の別所哲也が代表を務める国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)』のコラボ企画第2弾『ウタモノガタリ— CINEMA FIGHTERS project —』が22日から公開になる。EXILE TRIBEの印象的な楽曲の数々を生み出してきた作詞家・小竹正人の詩の世界を、気鋭監督たちが映像化するプロジェクトで、6つの詩から生まれた6つの新曲を6つのショートフィルムに仕上げた。『ファンキー』の石井裕也監督と主演の岩田剛典に聞いた。

 タッグを組むと決まったときからお互いにワクワクしていたという監督・石井裕也と主演・岩田剛典の2人。

岩田剛典(以下:岩田)「僕は以前から監督の作品を拝見させていただいていたので今回すごく楽しみでした。監督はテーマ楽曲の『東京』をご自分なりにどう解釈したかを脚本とは別に、文章に記して送ってきてくださったんです。それを読ませていただいて、すごく頼もしい方だなという印象を抱きました」

石井裕也監督(以下:石井)「僕も岩田さんと作品を作ることができると聞いて本当に楽しみでした。やっぱり岩田さんって、すごく人気者なので実際はどんな人なのか興味があったんですよね(笑)。どんな人物なのか、俳優としてどう出てくるだろうとか。実は、岩田さんと『植物図鑑』で共演した高畑充希さんに“どんな人?”と聞いたりもしてしまいました」
岩田「何とおっしゃっていました?」

石井「ちょっと変わった王子様、と言ってました(笑)。でも本当に素敵な方だと思います、と」

岩田「ははは(笑)」

石井「それでますます楽しみになって、せっかく岩田さんとショートフィルムを作るなら、印象に残る作品を作ろう、と。岩田さんに合う役かどうかは分かりませんでしたけど、これまでとは全く違う岩田さんを見せられるという自信はありましたよ」

岩田「監督のお手紙にも“とにかく自信がある。俺はやるよ”と書かれていて。それはこちらも気合入りますよね(笑)」

 物語の舞台は2041年。謎のファンキー集団と、岩田演じるそのリーダー“純司の兄貴”が、30年前に亡くなった純司の母親をめぐり繰り広げるエピソードがポップにつづられる。短期間の撮影は、なかなか過酷だったもよう。

岩田「短期間とはいえ、本当に刺激的な経験をさせていただきました。僕はまだそれほど出演させていただいた作品数は多くないですけれど、その中でもこれまで演じたことのないような経験ばかりでした(笑)。あれほど大量の水を使った撮影もこれが初めてでしたし。部屋に水が入ってくるという場面も初めてでしたね」

石井「あまり無いよね(笑)」

岩田「無いですよ。トリック的というか、本当に面白いと思いました。でも大変だったんですよね、あの場面。部屋を水でいっぱいにするはずが、どこからか水が漏れだしたりして(笑)。共演の池松壮亮さんたちとも、長編ほどコミュニケーションをとる時間は無かったにもかかわらず、すさまじい時間を共に戦い抜いたという充実感がありました(笑)」

石井「ははは(笑)。時間的にもハードななか、毎日水を使う撮影があったしね。池松さんたちにはバスの上にも乗ってもらったり……。いろいろと大変な状況を、キャスト全員が一つのチームとなって頑張ってくれました」

岩田「皆さんと思いを共有できてよかったです」


 完成した今、質問してみたいことは?

岩田「そうですね……劇中で、仲間の一人が純司に『俺を殴れ』と言われて、殴ってはキスをするという、不思議なやり取りがあるんですけど…あれは一体、何だったんだろうって(笑)」

石井「あれね(笑)。何というか、独特なチーム感を見せたかったんです。はたから見たら全然、意味分からないじゃないですか」

岩田「分からないですね(笑)」

石井「おまけに、さんざん殴らせた後に、ありがとな、とかかなり変な人ですよね、岩田さんも現場で言ってたけど(笑)。まあでも、外の人たちから見て変だったとしても、その人たちの中で成立していればいいじゃないか、と思うんです。それがチームというものなんじゃないか、と。だいたい彼ら、誰に迷惑かけているわけじゃないしね」

岩田「確かに(笑)。なるほど、そういうことだったんですね」

石井「僕が岩田さんに聞きたいこと……というか、今回一緒に作品をやらせてもらって、岩田さんのことをもっと知りたいと思ったんです。もともと、常に殻をぶち破って進んでいくのが好きな人なんだと勝手に想像していましたが、実際その通りでした。だったら、また一緒に何かをぶち破ってみたいな、と。だからまた、それこそ長編とかも一緒にできたらなと思います」

岩田「監督と長編もやってみたいですね。また違う作品になると思いますし。とくに今回の作品は世界観もぶっ飛んでいるので、監督の中でも特別な一面を見せてくださった作品なのじゃないかなと思いますし、今度は長編でガッツリ組ませていただけたら、うれしいですね」]

 自身が考えるショートフィルムの魅力とは?

石井「監督として思うショートフィルムの魅力は無茶な冒険ができるというところですかね。まさにこの作品がそうですが(笑)。今回はオムニバス形式で全部で作品が6本ありますが、その中で石井の作品が一番バカだなと言われなかったら負けだと思っています」

岩田「なるほど」

石井「こういうときは目立ってナンボです」

岩田「きっと、そういうことだろうとは思っていました(笑)」

石井「そういう意味では圧勝というか、ぶち抜いたという手ごたえは感じていますね。そういうふうに作ることができるのも短編の面白さ、醍醐味なんじゃないかな」

岩田「確かに一番振り切ってましたからね(笑)。短い時間で、どんな感情であれ脳に焼きつけることができる。そういうことができるのもショートフィルムの魅力ですよね」

それぞれ異なる作り手たちによる6本のオムニバスだが偶然なのか“水”が出てくる作品が多い。

石井「偶然というか、すべて小竹さんの歌から出発していますからね。小竹さんの世界観の根底には、究極の純真さだったり喪失の痛みがあるように思います。それを、それぞれの監督たちが自分なりに感じたんじゃないでしょうか。なぜ水だったのかというと、水は羊水、つまり原点回帰の象徴でもあるんじゃないかな。純情や喪失というイメージと合わさったときに、メタファーとして水が重要な要素になったんじゃないか、と思います」

岩田「僕も他の作品は客観的に拝見させていただくことができて思ったんですけど、監督の皆さんは曲調というより歌詞や世界観をくみ取って物語にされたんだな、と。曲調のイメージからはなかなか思い浮かばないようなストーリーが語られて、すごく新鮮でした。本作の『東京』は映画館で聴くことができる、という体験もファンの皆さんには楽しんでいただきたいですね」

石井「今回、震災を意識しながらも、こういうアプローチで作品を作ることができたことの価値を自分自身でも感じることができました。パワーのある作品なので、自由な視点で楽しんでもらえればうれしいです」

岩田「本当に、この作品がトップバッターでよかったなと思っています(笑)」

(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)

画像: 岩田剛典、石井裕也監督と三代目楽曲で
短編映画「頼もしい方」

『ウタモノガタリ — CINEMA FIGHTERS project —』

 6つの詩から生まれた6つの新曲、その世界観を気鋭の監督6名がショートフィルムとして映像化。『トイレのピエタ』で第56回日本映画監督協会新人賞を受賞した松永大司監督作『カナリア』に TAKAHIRO。『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典。『0.5ミリ』で第39回報知映画賞作品賞を受賞した安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐。『663114』がベルリン国際映画祭でSpecial Mentionを受賞した平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希。SSFF & ASIA で4度「観客賞」を受賞している Yuki Saito 監督作『Our Birthday』に青柳翔。映画『こころ、おどる』で SSFF & ASIA 2015「ジャパン部門」にて優秀賞を受賞した岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎。さらに、映画界を代表する俳優たちが結集。
 EXILE HIROとSSFF & ASIA代表を務める俳優の別所哲也、そして、EXILEや三代目 J Soul Brothersなどに歌詞を提供してきた作詞家・小竹正人のコラボレーションが生んだ、注目のプロジェクト〈CINEMA FIGHTERS project〉の最新作!

時間:1時間37分 配給:LDH PICTURES 6月22日(金)より全国公開 c2018 CINEMA FIGHTERS

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.