どこを走っても快適でスポーティな最強旅バイク

トレーサーはMTー09から派生したスポーツツアラー。今回外装を変更し足回りも一新。追加グレードとなる上級仕様の「GT」はメーターをTFTカラー液晶に変更し、クルーズコントロールを追加、足回りもグレードアップしたモデル。

画像: YAMAHA TRACER900GT ABS 最高出力:116PS/10000rpm 最大トルク:8.9㎏-m/8500rpm 価格:119万8800円 発売:2018年6月15日

YAMAHA TRACER900GT ABS
最高出力:116PS/10000rpm
最大トルク:8.9㎏-m/8500rpm
価格:119万8800円
発売:2018年6月15日

アップライトで幅の広いハンドルが付いているし、サスストロークも少し長いが、ダートを走るために造られたモデルではない。これはヤマハがTDMで先鞭をつけた「アルプスローダー」…イージーなハンドリングと優れた走破性で荒れた舗装路を気楽に走れ、強力なエンジンとシャシーでスポーティな走りまでこなせるという万能モデル。オフまで活動エリアを広げるアドベンチャーではないが、ただのツーリングスポーツとは性格が違う。

今回の試乗車はGT。一応比較のため、MTー09も一緒に持ち込んだ。トレーサーは大型のタンクやスクリーン関係の構造物などで前まわりが重い。これで切り返しの応答が、ほんの僅かだが鈍くなっている。でも、前後サスは減衰の効いたしなやかな動きで、耐衝撃、高荷重の衝撃に対する落ち着きがいい。それに60㎜伸びたスイングアームによって、フロントに荷重がより載りやすくなった。大きなハンドルにもかかわらず、しっかりした節度があって安定しているし、前後輪とも格段にスタビリティが良くなっている。

画像: どこを走っても快適でスポーティな最強旅バイク

その結果、ドコを走っても快適で、ギャップがあっても平気でフルバンクできて、スロットルを開けられる。パワードライバビリティ特性と車体のマッチングもいい。09では過度にシャープな応答に感じるDモードの「A」のままで、普通に凸凹した路面のクイックな峠道から街中まで走れる。ヤマハに確認するまで信じられなかったのだが、実はこのトレーサー、エンジンの出力特性からDモードの味付けまで09と全く同じなのだ。

トレーサーGTは非常に魅力的なバイクだ。まずライディングするための操作上の扱いやすさ、そして快適性が非常に優秀。本格アドベンチャーでないと対応できないような苛酷な鋪装路も走れるし、高い信頼感を感じられる。全てにおいて、非常に高いレベルでまとまっていると思う。

さらに、ほとんどのコースでスタンダードの09よりスポーティな走りを、ずっと高い安心感でこなせる。まさに俊速オールラウンダー。この内容で、びっくりするほどリーズナブルな価格も魅力だ。

SPECIFICATIONS
全長×全幅×全高 2160×850×1375㎜
ホイールベース 1500㎜
最低地上高 135㎜
シート高 850/865㎜
車両重量 215㎏
エンジン形式/総排気量 水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒/845㏄
ボア×ストローク/圧縮比 78×59㎜/11.5
最高出力 116PS/10000rpm
最大トルク 8.9㎏-m/8500rpm
燃料供給方式/燃料タンク容量 FI/18L
キャスター角/トレール 24度/100㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ298㎜ダブルディスク・φ245㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

DETAIL

画像: ヘッドライトはLED。従来より少し大きくなったスクリーンはライダーの胸元から下を走行風から守る。上下の調整は手動だが簡単。

ヘッドライトはLED。従来より少し大きくなったスクリーンはライダーの胸元から下を走行風から守る。上下の調整は手動だが簡単。

画像: 116PSを発揮する3気筒の「CP3」エンジンは引き続き踏襲。スロットルレスポンスを3種類の中から選べる「D-MODE」も継承。

116PSを発揮する3気筒の「CP3」エンジンは引き続き踏襲。スロットルレスポンスを3種類の中から選べる「D-MODE」も継承。

画像: 伸び側の減衰調整機構も追加され、フルアジャスタブルとなった倒立フォークはGTの専用装備。走りの質を高めている。

伸び側の減衰調整機構も追加され、フルアジャスタブルとなった倒立フォークはGTの専用装備。走りの質を高めている。

画像: スイングアームは従来から60㎜長くなっている。GTのリアサスはプリロードをリモート操作できるアジャスターが付いたタイプとなった。

スイングアームは従来から60㎜長くなっている。GTのリアサスはプリロードをリモート操作できるアジャスターが付いたタイプとなった。

画像: GTには素早いシフトチェンジを可能にするクイックシフトを標準装備。シフトアップ側のみ作動する。

GTには素早いシフトチェンジを可能にするクイックシフトを標準装備。シフトアップ側のみ作動する。

画像: 肉厚のクッションが快適な新形状のシートは、フレーム側のアタッチメントをずらすことでハイ/ロー2種類のシート高に調整可能。

肉厚のクッションが快適な新形状のシートは、フレーム側のアタッチメントをずらすことでハイ/ロー2種類のシート高に調整可能。

画像: まるでR1のようなフルカラーTFTメーターに加え、グリップヒーターやクルーズコントロールもGTに標準装備される。

まるでR1のようなフルカラーTFTメーターに加え、グリップヒーターやクルーズコントロールもGTに標準装備される。

ぜひ取り付けて欲しいアクセサリーも!

今回からサイドケース用のマウントが純正アクセサリーで登場。片側22L容量のパニアケース(片側7万4520円)の装着にも対応。

画像: ぜひ取り付けて欲しいアクセサリーも!

RIDING POSITION  身長:176㎝・体重:68㎏

シート高は2段階に調整可能。低いと写真のように余裕で踵がつき、高いと少し浮き気味になるが、高い方が車体の安定性が増し、ヒザへのストレスは低減する。試乗中はその快適さと視界の良さで高い方を選んだ。

画像1: RIDING POSITION  身長:176㎝・体重:68㎏
画像2: RIDING POSITION  身長:176㎝・体重:68㎏

撮影/南 孝幸

最新モデルの試乗レポートはオートバイ8月号でお楽しみください!

オートバイ 2018年8月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2018-06-30)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.