「図書館戦争」「植物図鑑」などで知られる有川浩作品の中でも評価が1、2を争うほど高い「旅猫リポート」。
1人の青年と1匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語に描かれる、人間同士の関係を越えた2人の絆に、猫好きの人のみならず、多くの人の心をとらえ、涙なくしては読めないという評判の感動作です。猫が主要なキャラクターとして登場するため、映像化困難とされていましたが、この度、満を持して実写映画化となりました。

画像1: ©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

主人公の悟役には、映画界の若手俳優を代表する人気と実力を併せ持つ福士蒼汰。等身大の青年を丁寧に演じています。

また、ナナ(猫)の心の声を、若手女優の高畑充希が務め、特報映像を観た観客からは早くも「猫の声がかわいい!」、「ナナの声がイメージぴったり!」と話題沸騰。

他にも、悟の高校時代の同級生に広瀬アリス、大野拓朗、悟の幼少期からの旧友には山本涼介、悟の叔母に竹内結子といった人気・実力を兼ね揃えた俳優陣が出演します。
監督は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎、音楽は『この世界の片隅に』で数々の音楽賞を受賞したコトリンゴ、そして脚本には有川浩自らも参加しました。

そしてなにより、猫映画史上一番と言っても過言ではない演技をナナが見せ、これ以上ない、キャスト・スタッフが集結、原作の持つ世界観を余すことなく表現し、観た人の心に優しく残る映画が完成いたしました。

画像2: ©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

本予告とポスタービジュアルが解禁になりました。

予告編映像には、福士蒼汰演じる悟と飼い猫ナナがじゃれ合って遊んだり、身を寄せ合う、二人の仲の深さを感じさせる姿が描かれています。

しかしそんな二人の、新しい飼い主を探しにいく旅の中で「俺の最後の猫がナナで良かった」と語る悟。なぜ最愛のナナを手放さなければならないのか、誰にも言えない“秘密”とは?物語の核心に迫る内容や、竹内結子演じる悟の叔母・法子の悟とナナを優しく見守る姿にも注目です。

さらに、広瀬アリスと大野拓朗演じる悟の高校時代の同級生・千佳子と修介の仲睦まじい夫婦と、山本涼介演じる悟の旧友・幸介の姿も収められています。

また、同時に解禁されたポスタービジュアルは、愛おしそうにナナを抱きかかえる悟の姿が写し出され、何よりもナナを大事に想う悟の温かい気持ちが伝わります。そして、本作に橋本じゅん、木村多江、田中壮太郎、笛木優子、中村靖日、戸田菜穂ら実力派俳優の出演も決定。福士蒼汰と山本涼介の幼少期の役として田口翔大、二宮慶多も出演してます。

本作は10月26日(金)より全国公開です。

『旅猫リポート』予告

画像: 福士蒼汰、声の出演は高畑充希『旅猫リポート』予告 youtu.be

福士蒼汰、声の出演は高畑充希『旅猫リポート』予告

youtu.be

<ストーリー

元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に、親友や初恋の人など、悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出る。
それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――。

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)

出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演) ナナ
広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介
竹内結子

■監督:三木康一郎  
■脚本:有川浩、平松恵美子 
■音楽:コトリンゴ  
■企画・配給:松竹
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

■公式twitter:https://twitter.com/tabineko_movie

■ナナのInstagram:https://twitter.com/tabineko_movie

2018年10月26日(金) 全国公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.