昨年末12月29日の公開以来、≪今映画館で上映されている映画で間違いなく一番面白い!映画≫として、噂が噂を呼び観客が主人公バーフバリの名前を叫ぶ《絶叫上映》も話題となって半年を超えて驚異のロングラン・ヒット中の奇跡の映画『バーフバリ王の凱旋』。
S.S.ラージャマウリ監督の来日に続く6月1日公開の<完全版>も大好評で、クマラ・ヴァルマ役のスッバラージュ氏の緊急来日なども話題となって既に全国興収2億2000万円を突破して現在も絶賛続映中。

日本中に吹き荒れる“バーフバリ旋風”はとどまるところを知りません。

その熱狂と興奮を受け、ついに『バーフバリ』2部作誕生の原点として、日本公開が待望されていたS.S.ラージャマウリ監督の傑作『マガディーラ 勇者転生』の劇場公開が決定いたしました。

400年の時を越えて甦る、運命の恋。愛の戦士を称えよ!
まだまだ吹き荒れる怒涛の<バーフバリ旋風>、さらなる熱狂と興奮のクライマックス!「バーフバリ」スタッフ総結集で贈る、
もう1つの愛と復讐のスペクタクル・アドベンチャー

画像: 400年の時を越えて甦る、運命の恋。愛の戦士を称えよ! まだまだ吹き荒れる怒涛の<バーフバリ旋風>、さらなる熱狂と興奮のクライマックス!「バーフバリ」スタッフ総結集で贈る、 もう1つの愛と復讐のスペクタクル・アドベンチャー

この映画は、2009年に4億ルピー(約6億万4000万円)という当時テルグ語映画史上最高の製作費を投じて製作され、本国では1000日を超えるロングランを記録した大ヒット作で、400年の時を越えた“運命の恋”がスケールの大きなアクションと共に描かれます。

『バーフバリ』の原点ともいうべき史劇スペクタクルの見せ場も数多く、歌と踊りが満載の<マサラ・ムービー>としての楽しさも存分に味わえる傑作として高い評価を獲得、今も圧倒的な人気を誇るテルグ映画史上屈指の1本です。

主演は、“スーパースター”ラジニカーントと並ぶ南インド映画界の伝説“メガスター”チランジーヴィの息子で、これが日本初登場となるテルグ映画のトップスター、ラーム・チャラン。ヒロインは『バードシャー テルグの帝王』のカージャル・アグルワール、他に『あなたがいてこそ』のスニール、『ムトゥ踊るマハラジャ』のサラット・バーブなどが出演。“メガスター”チランジーヴィのカメオ出演&迫力のダンスも必見です。

監督・脚本のラージャマウリ始め、原案、撮影、音楽、編集などスタッフはほぼ全て『バーフバリ』2部作と同じチーム。4月の来日時、日本のファンの熱狂ぶりに感動したラージャマウリ監督は彼の代表作の1本でもある本作の日本上映を熱望、ラージャマウリ監督が帰国直後自ら再編集を行ったディレクターズ・カット国際版での上映となります。

『マガディーラ 勇者転生』

【物語】
1609年、ウダイガル王国。近衛軍の伝説的戦士バイラヴァは、国王の娘ミトラ姫と愛し合っていたが、王国とミトラ姫を我が物にしようと企む軍司令官ラナデーヴの邪悪な陰謀により、非業の死を遂げる。400年後のハイデラバード、バイラヴァはバイクレーサーのハルシャという若者に生まれ変わっていた。
ハルシャはある日、町で偶然にある女性の手に触れた途端、脳裏に前世の記憶が甦るが、その女性を見失ってしまう。やがてハルシャはミトラ姫の生まれ変わりインドゥと運命の再会を遂げるが、かつて二人の仲を裂いたラナデーヴも、インドゥの従兄弟ラグヴィールとして生まれ変わっており、再び悪逆非道な罠を仕掛けてくる…。

監督・脚本:S.S.ラージャマウリ
製作:アッル・アラヴィンド、B.V.S.N.プラサド
撮影:K.K.センティル・クマール 音楽:M.M.キーラヴァーニ

出演:ラーム・チャラン/カージャル・アグルワール/スリハリ/デヴ・ギル/スニール/サラット・バーブ

原題:MAGADHEERA/2009年/インド/テルグ語/シネスコ
©GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.
字幕翻訳:藤井美佳/日本語字幕監修:山田桂子
配給:ツイン

8月31日(金)より新宿ピカデリー、なんばパークスシネマほか、全国順次ロードショー! 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.