「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス準決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が対戦したが、ジョコビッチから6-4 3-6 7-6(9)の時点でセンターコートの使用制限時間を迎えたため順延されることが決まった。ここまでの試合時間は2時間54分。

 両者の過去の対戦成績は、26勝25敗でジョコビッチがリード。ウインブルドンでは2度対戦しており、2007年の準決勝はジョコビッチが第3セット途中でリタイア、2011年の決勝ではジョコビッチが6-4 6-1 1-6 6-3で勝っている。

 ウインブルドンに2年連続13回目の出場となるナダルは、2008年と10年にタイトルを獲得。昨年は4回戦で、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)に3-6 4-6 6-3 6-4 13-15で敗れていた。6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)を破り、11度目の優勝を果たした。

 ジョコビッチはウインブルドンで過去3度(2011年、14年~15年)優勝しており、グランドスラムでは2016年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)以来となる決勝進出を目指している。

 この試合の勝者は決勝で、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。アンダーソンは準決勝で、第9シードのジョン・イズナー(アメリカ)を7-6(6) 6-7(5) 6-7(9) 6-4 26-24で下しての勝ち上がり。

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
LONDON, ENGLAND - JULY 13: Novak Djokovic of Serbia leaves Centre Court after his Men's Singles semi-final match against Rafael Nadal of Spain was suspended on day eleven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 13, 2018 in London, England. (Photo by Michael Steele/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.