レトルト食品の製造加工を行うサンフーズジャパン社が新ブランド「ヨリトコ」を立ち上げ、新商品「mitasu」(ミタス)がECサイト ・特設サイトにて販売開始しました。先日、プレス試食会へ行ってきました!

画像1: 【試食レポ】化学調味料・保存料不使用 、半調理レトルト「mitasu」誕生

お腹と心を“満たす”時短商品「mitasu」

同ブランドは共働きの増えた女性や一人暮らしの人たちに向けた「時短」「半調理」レトルトが「mitasu」(ミタス)です。働くママ・一人暮らしの若い世代・料理好きだけど時間がない人等の生活スタイルに焦点を当てた、短時間で簡単に本格的な料理を作ることができる「半調理レトルト食品」です。半調理レトルトとは、素材に合わせたスープをベースに、下ごしらえまでをお手伝いした商品のこと。簡単な調理で家族や自分のお好みの味へ、さらにちょっと手を加えるだけで、カフェやレストランの味へと展開できる汎用性の高さが特長です。食べ応えのある柔らかなお肉やゴロゴロ野菜がたっぷり入っています。さらに4種類のベースバリエーション(牛・豚・鶏・野菜)は、全て化学調味料・保存料不使用です。

時短レトルトは、短時間で誰でも本格的な料理を実現するものです。半調理の利用メリットとしては時短、下ごしらえの不要レトルトより手抜き感が薄れると言うことがあるそうです。実際に開発も20代から40代の5名全員が女性で、そのうち3人が子育て中のママだそう。ワクワクするような見て楽しいパッケージにも開発者の工夫が施されています。

中はどうなってるの?

こちらが「mitasu」(ミタス)の中身。すでにやらかくなるまで半調理されているので仕上げまでの時間が短縮できます。また、すでの材料も入っていますので実際料理する場合にレトルトでも材料の準備が大変といった声が反映しているそうです。最後に各家庭の慣れ親しんだ味付けにできます。

■4種のベース
【ビーフ(牛)】
フォンドボーやデミグラスソースを使用しており、煮詰めた赤ワインがこだわりのポイント。煮込みハンバーグやビーフシチューなど煮込み料理におすすめです。
【チキン(鶏)】
昆布やチキンブイヨンを使用しており、ココナッツミルクがこだわりのポイント。グラタンやレモンクリームパスタなどのクリーム系料理におすすめです。
【ポーク(豚)】
トマトをベースに使用しており、梅酒の爽やかな甘みがこだわりのポイントです。ボルシチやハヤシライスにおすすめです。
【ベジタブル(野菜)】
野菜や昆布の旨味を活かし、イタリア産グリル野菜がこだわりのポイントです。パエリアやイカスミリゾット等の魚介料理におすすめです。

実食!

会場では実際に「mitasu」(ミタス)を使った調理のデモンストレーション・試食も行われました。デオンストレーションをされたのは開発メンバーの1人でお子さん2人のママでもいらっしゃる桜井由子さん。ご自身も働きながらの出産・子育てを通し、安心して食べられるもの・大切な人に安心して食べさせられるものというもの意識するようになったそうで、そちらも「mitasu」(ミタス)の開発に反映されているそうです。

画像1: 実食!
画像2: 実食!

こちらはベジタブル野菜で作った「20分で完成!野菜たっぷり本格パエリア」です。会場で時短で作られていましたが味が染みていて、とてもおいしかったです!その他にも、「5分で完成!ルーを入れるだけで本格カレー」「15分で完成!赤ワインの風味香る煮込みハンバーグ」「10分で完成!レモンクリームパスタ」なども試食、どれも目の前で時短で調理されたとは思えないほど風味豊かでおいしい料理でした!

画像3: 実食!

この「mitasu」で、日々のお料理に「時短調理」を取り入れてみては?
公式サイトには詳しい案内や「mitasu」(ミタス)を使ったレシピも掲載されていますよ。

画像4: 実食!
画像5: 実食!
画像6: 実食!
画像7: 実食!
画像8: 実食!

■商品概要
商品名: mitasu
種類 : 全4種(ビーフ・ポーク・チキン・ベジタブル)
価格 : <450g入り・900g入り 税込>
     ・ビーフ 870円/1,500円
     ・ポーク 760円/1,300円
     ・チキン 650円/1,100円
     ・ベジタブル700円/1,200円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.