練習場と違って目印がないコースでは、狙ったところに真っすぐ構えづらいもの。アマチュアが目標に真っすぐ構えられないのは「ボールに対して構えてしまうことに原因があります」というのはプロコーチの増田哲仁。著書「ネジらない! から遠くへ飛ぶ、ピンに寄る。」から目標に真っすぐ構えるコツをご紹介。

幽体離脱で目標に真っすぐ構える

――練習場には白線がありますが、コースには目印がないので、目標に対して真っすぐ立ちづらいですね。また、ティグラウンドの向きやコース設計の錯覚などで、プレーヤーに真っすぐ立たせないような工夫もしています。どうしたら目標を真っすぐ狙うことができるのでしょうか。

たしかに真っすぐ立つというと2通りの意味がありますね。まずは傾斜などで「真っすぐ立つ」。そして目標に対して「真っすぐ構える」。

多くのアマチュアが狙ったところに真っすぐ構えられない理由は、自分が打っていきたい目標ではなく、ボールに対して構えてしまうことに原因があります。うまく当てたいと思うあまり、ボールをじっと凝視してボール中心に構えてしまう。そうすると目標方向に対するイメージがなくなって、体の向きにも狂いが生じてしまうのです。

――ボールを無視してしまえばいいのですか。

そうそう、ボール中心にアドレスを考えるのではなく、目標、狙いに対する意識を強く持つことが大切になります。そのためにはアドレスに入る前に、「幽体離脱」して自分の体から抜け出せるようになるといいんですよ。

――幽体離脱? 離れちゃうんですか(笑)

アドレスしている自分を想像することが大事なんです。アドレスに入る前にボールの後方に立ってターゲットを見るときに、狙いに向かって真っすぐ構えている自分の姿を想像しましょう。

さらに自分がこれから打とうとする弾道、たとえば、左方向に打ち出して、少しスライスして目標に落下する、というところまで、仮想の自分がショットした姿を完全に想像することが必要なんです。ボールを狙った地点に運ぶためには、「この方向にアドレスして、実際にスウィングしたらクラブヘッドはこの方向にこんな円を描いて動くだろう」とボールの後方で、これから打つショットのシミュレーションをするんです。

画像: ボールの後方から、目標に対して真っすぐ構えている自分を想像してみよう

ボールの後方から、目標に対して真っすぐ構えている自分を想像してみよう

このように、仮想の自分の軌道に本当の自分を重ね合わせるようにアドレスに入ることができれば、真っすぐ構えられるようになりますよ。

「ネジらない!から遠くへ飛ぶ、ピンに寄る」(ゴルフダイジェスト新書)より。一部改変

写真/増田保雄

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.