「CROSSCUT ASIA」今年のテーマは≪音楽≫。
【フィリピン】ラヴ・ディアスのロックオペラ作品、【タイ】イサーン・バンド音楽、【カンボジア】ポップ歌謡など、

音楽をフックに東南アジアの現在と時代の流れを映し出す!!

10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催となる、第31回東京国際映画祭。第27回(2014)に国際交流基金アジアセンターとの共催で新設された「CROSSCUT ASIA」は、アジアの国や監督、テーマなど様々な切り口でアジア映画を取り上げる部門として、今年で第5回を迎えます。
1~3回目は「タイ」「フィリピン」「インドネシア」と東南アジアの各国をフィーチャーし、昨年は「ネクスト!東南アジア」と題して、ブリランテ・メンドーサ(フィリピン)、トラン・アン・ユン(ベトナム)、アピチャッポン・ウィーラセタクン(タイ)ら名だたる監督たちが、自国の若手監督の作品を推薦する特集を実施しました。

画像: 「CROSSCUT ASIA」今年のテーマは≪音楽≫。 【フィリピン】ラヴ・ディアスのロックオペラ作品、【タイ】イサーン・バンド音楽、【カンボジア】ポップ歌謡など、

本年度の「CROSSCUT ASIA」のテーマは≪音楽≫です。
【CROSSCUT ASIA #05ラララ♪東南アジア】(CROSSCUT ASIA #05: Soundtrip to Southeast Asia) と称して、フィリピンのラップ、タイのイサーン・バンド音楽、カンボジアの歌謡曲など、東南アジア音楽に注目した様々なジャンルの作品を紹介いたします。

ラインナップの目玉として、フィリピンの怪物的作家ラヴ・ディアスの新作『Season of the Devil』を上映します。

画像: ラヴ・ディアス監督

ラヴ・ディアス監督

2009年の第22回TIFFで初めて日本に作品(短編『蝶は記憶を持たない』)が紹介されたディアスは、以降、『昔のはじまり』(14)でロカルノ国際映画祭金豹賞、2016年に『痛ましき謎への子守唄』でベルリン国際映画祭銀熊賞、『立ち去った女』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞するなど、常に作品が世界中から高く評価され、いま最も注目される監督の一人。

真骨頂のモノクロ画面にアカペラの歌が鳴り響く意欲作『Season of the Devil』は、本年度のTIFF全体としても必見の注目作です。また、フィリピンの現代社会を歌い上げるHIPHOPや、『バンコクナイツ』でも注目されたタイのイサーン・バンド音楽、カンボジアの各時代を彩るポップミュージックなど、様々な東南アジアの音楽に触れる作品も上映する予定です。
昨今、大ヒット作品『グレイテスト・ショーマン』や『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』、『ボヘミアン・ラプソディ』などの公開も控えるなど、音楽・ミュージカル映画が盛り上がっていますが、東南アジアの音楽と映画の魅力を堪能できる特集になります。

東南アジア各国のロケーションを楽しみつつ、時間や時代の流れも感じながら、東南アジアの現在と歴史紐解く【CROSSCUT ASIA #05ラララ♪東南アジア】に注目が集まります。

<第31回東京国際映画祭 開催概要>
■イベントタイトル:第31回東京国際映画祭
■開催期間:      2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
■会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他

CROSSCUT ASIA 概要
アジアの国、監督、テーマなどに焦点を当て、アジア映画の特集上映を行う「CROSSCUT ASIA」(クロスカット・アジア)は、2014年、TIFFの一部門として新設されました。アジアの現在(いま)を鋭く切り取った珠玉の映画を紹介していきます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.