人生の節目のお祝いである還暦。
義理の両親や上司、恩師が還暦を迎える折には、これまでの感謝の気持ちを込めた手紙やメッセージカードを贈ってはいかがでしょうか?
今回は、贈る相手に合わせた、気持ちが伝わる還暦祝いメッセージの文例をご紹介します。

義理の両親への還暦祝いメッセージ

義理の両親へ送るメッセージは、以下のような文面がおすすめです。
義理の両親であっても、手紙では「義」をつけず「お父さん」「お母さん」と書くほうが良いでしょう。

義父への還暦祝いメッセージ

【文例1】
還暦おめでとうございます。
お父さんはいつも元気で若々しいので、とても還暦を迎えるようには見えません。
「いつの間に還暦を迎えたの!?」と驚いてしまうくらいです。
ぜひこれからも元気でいてくださいね。今度一緒にお酒でも飲みましょう!

【文例2】
お父さん、還暦と定年退職、おめでとうございます。
仕事が忙しい中でも、いつも私達のことを気にかけてくださってありがとうございました。
これからはお母さんと一緒に過ごす時間も増えることと思います。
お二人とも、健康に気を付けつつ、充実した日々を過ごしてくださいね。

義母への還暦祝いメッセージ

【文例1】
お母さん、還暦おめでとうございます。
子育てや家事のことで相談に乗ってくれてありがとうございます。いつも本当に助かっています。
ささやかながら、日頃の感謝の気持ちを込めて、私(僕)と◯◯(配偶者の名前)からお祝いのプレゼントを贈ります。
またいろいろと相談させてもらうこともあると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

【文例2】
お母さん、◯月○日に還暦をお迎えのこと、おめでとうございます!
いつもエネルギッシュなお母さんですので、還暦とはとても信じられません。
私達家族も、お母さんの笑顔にいつも助けられております。
○○(子どもの名前)は、最近つかまり立ちや伝い歩きができるようになってきました。
お母さんにお会いできたらきっと喜ぶと思いますので、近いうちに家族そろって還暦祝いの食事会をしましょう!
それでは、まずはお祝いまで。
これからもずっと元気でいてくださいね。

画像1: istock

istock

上司への還暦祝いメッセージ

還暦で定年退職を迎える場合と、現役で勤務を続ける場合がありますので、その状況に合わせたお祝いの言葉を心がけましょう。

【文例1】
この度、還暦を迎えられました由、心よりお慶び申し上げます。
入社以来ご指導をいただき、本当にお世話になっております。
とても還暦とは思えないほど若々しい◯◯さんでいらっしゃいますが、こうして人生の節目を迎えられましたこと、ご家族の皆さまもお喜びのことと存じます。
引き続き、現役としてより一層のご活躍を祈念しております。
簡単ではございますが、書中を持ちましてお祝いのご挨拶とさせていただきます。

【文例2】
この度は、還暦おめでとうございます。
また、長年にわたっての勤務、本当にお疲れさまでした。
至らない点ばかりの私に優しいご指導をくださり、ひとかたならぬお力添えに感謝しております。
これからはゴルフや旅行など、趣味の時間も楽しまれることと存じます。
◯◯さんのますますのご健康とご多幸をお祈りいたします。

画像2: istock

istock

恩師への還暦祝いメッセージ

学生時代の恩師へは、お世話になったことへの感謝の気持ちや、卒業後の進路・近況を添えると喜ばれます。

【文例1】
◯◯先生、還暦おめでとうございます!
卒業してからもう◯年も経つんですね。
これまで私達をはじめたくさんの生徒のためにお力を尽くされてきたことと思います。
本当にありがとうございました。
どうかこれからもお元気で、充実した時間をお過ごしください。

【文例2】
○○先生、ご壮健にて還暦をお迎えとの由、心よりお慶び申し上げます。
在学中に親身にご指導いただいたことや、人生について教わったことは私の宝物です。
現在は医療関係の仕事に就いておりますが、患者さんやスタッフと接するときは、先生のお言葉を手本として頑張っています。
これからもお元気で過ごされますよう、心からお祈りしております。

おわりに

還暦祝いは長寿祝いの一種ではありますが、最近では60歳もまだまだ現役です。
お年寄り扱いをしないよう気を付けつつ、これまでの感謝の気持ちやこれからの健康を祈る気持ちを伝えるようにしましょう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.