概要

人類だけしかお墓を作らない。お墓は文化である。養老孟司氏が語ったり、書いたりしている言葉です。正に人間という必ず将来「死」を迎えるべき存在であり、なぜ追悼する施設としてのお墓を創るのか。死体処理ではない”お墓”という文化的存在は、21世紀・未来に遺るものであるのか。どう変化するかを考えます。

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月22日(水)15:00~16:30
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)E会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

長江 曜子 氏 (聖徳大学 教授、日本葬送文化学会 副会長) 

聖徳大学児童学科教授。SOA校長。聖徳大学生涯学習研究所長。(株)加藤組・石匠あづま屋三代目代表取締役社長。世界45ケ国の墓地・葬送文化研究30余年。博士(学術)「人間の死後生活空間としての墓地の永続管理に関する研究」他多数。近著「世界のお墓文化紀行」(誠文堂 新光社)

詳細・お申込み

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.