概要

青山葬儀所は都の公共施設ですが、著名人の葬儀が行われる事からこの様な方々の専用施設、と思う方もおります。しかし普通のご家庭の家族葬も行われており、施設がどの様に使われているのか、その実態をいろいろなデータや図面でご紹介します。また特別な安置室(一泊24時間で1万2千円)等、設備等も多数の写真でご紹介します。大規模葬儀が減少傾向にある中で青山葬儀所の利用増加要因、葬儀社さんがご遺族様に積極的にご紹介される理由を具体的にお伝えします。

日時・場所

第4回エンディング産業展
2018年 8月23日(木)11:00~12:00
東京ビッグサイト 東7ホール(東京都江東区有明3-11-1)B会場

受講料

事前:無料
当日:無料

講師

石井 弘之 氏 (青山葬儀所 指定管理者 日比谷花壇グループ 東京都青山葬儀所 所長)

27歳で日比谷花壇に入社後、都内の大手ホテルで婚礼や仏事の装花制作に従事、その後、能力開発部、物流センターを経て人事部に異動、人事部長職を経て2016年より青山葬儀所に勤務、2018年に同葬儀所の所長となり、現在に至る。指定管理者事業関連の各種セミナーで講師も担う。

詳細・お申込み

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.