ケイトリン・ヤング

画像: ケイトリン・ヤング

日本に来たのは今回が初めてですが気候が故郷と一緒くらいなのでちょうど良いですね。(KINGレイナ選手は)自信を持っている良い柔道家だと思います。相手に合わせず自分のやりたいように楽しんで試合をします。私はムエタイの経験があるのでストラキングの評価は高いと思います。KINGの打撃も素晴らしいがまだまだ穴があります。ノックアウトします。4年間MMAを離れてムエタイに出場していましたが、やり残したことがありました。MMAでまだ自分の試合ができなかったのでやり残したことをやり遂げたい気持ちです。(ムエタイ時代に)タイでトレーニングをしました、その時に戦うことへの考え方を教えてもらいました。そのおかげでメンタルの部分がだいぶ変わりましたね。(RIZINの印象)日本で戦ったことがある友人やコーチに聞いたんですが、日本の試合は試合中に自分の足音が聞こえるほど静だと聞きました。それは日本の格闘技ファンがしっかりと観戦するからです。日本の格闘技ファンは非常に素晴らしいと聞いています。RIZINでいい経験ができることをとても楽しみにしています。

住村竜市朗

画像: 住村竜市朗

いつもの通りの試合前ですね。緊張はいつもしないので。(対戦相手のストラッサー起一選手は)やりにくいですねぇ……昔、何回か練習したことがあるんですけどね。同じ関西同士ですし、しっかり会場を盛り上げたいですね。リスクを考えずに思いっきりいきます。ストラッサーさんが「KOする」って言ってたので、まあ向こう次第です。空気読まんとタックルに来て寝かされたらおもろないし。盛り上げる試合をするためにRIZINに呼ばれたと思っているので。なんで呼ばれたのかをしっかりと感じながら、めちゃくちゃ盛り上がる試合をして、自分も楽しみたいです。

Ryuki

画像: Ryuki

もうバッチリですね。いつもよりいいかもしれへんですね。 RIZINは日本の格闘技の中で一番でかい大会。僕的にはRIZINはMMAが一番やと思ってるんで、今はキックで一応出てるんですけどこれからMMAもできたらというか。(那須川天心の存在などは)特に今はそこまで意識もしてないというか、意識できるとこまでいってないんで。ただ、僕もゆくゆくはキックでRIZINを盛り上げていきたいと思ってるんで、これから意識していきたいなと思っています。強い天心くんとかに勝って、MMAデビューみたいな(イメージ)。とりあえず初めてなんで、いろんな人の目についてもらえるようなインパクトのある試合がしたいですね。KOで。

ストラッサー起一

画像: ストラッサー起一

じつは5月の大会に勝手に出る気持ちでいたので2月くらいからずっと準備してたんですよ。準備期間が長かったので体調はいいと思います。(住村選手は)連勝してて勢いのある選手だとは思っています。国内チャンピオンと自分との実力の差を見せるという試合ですね。完全決着で名古屋に皆さんを盛り上げるという。逃げの試合は一切する気もないですし、自分から攻めてKOしたいと思います。しっかりと打ち合いの中でKOで決まると思います。

元谷友貴

画像: 元谷友貴

コンディションはすごくいいです。だいぶリラックスできています。(現在2連勝だが)いい調子でなんとなくしっかり勝てているなあと。(祖根選手は)ハイキックが結構鋭いのと、一発で倒すパンチを警戒したいと思っています。あんまり試合の展開のイメージはできてなくて、対策をしていないんでいつも通りやる感じです。普段は相手の癖とかは見てたんですけど、今回はあんまり映像がなかったので自分のやりたいことをやるだけです。しっかりKO、一本して会場が盛り上がる試合をしたいなと思っています。(堀口へのリベンジは)しっかり1つずつの試合を勝っていって、戦って勝てるという感じになれば戦いたいと思います。

内藤大樹

画像: 内藤大樹

試合が9か月ぶりなんですけど、前回の試合が終わってからすぐにトレーニングを再開していたので年明けからずっと調子いいですね。メンタルでは試合が決まりそうで決まらなかったりしたりあったんですけど、今回RIZINが決まって一気にアガったので問題はないかと思います。(RIZIN出場は)第1回目の大会をテレビで観た時に素直に「出たいな」と思っていたのでアガっています。自分はキックでしっかり盛り上げられればと思っています。(般若選手は)最近のインタビューを読むと殺しに来てくれるみたいなんで「やってみろよ」と。楽しみです。とにかく日曜日に勝たないと話にならないのでしっかり勝ちたいと思います。強さだけでなく人気の出るようななんでもできる選手になれたら。久しぶりの試合、しかも地元の名古屋ということで熱い応援をお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.