※世界ソフトの解説を務める山根佐由里さん
写真◎榎本郁也

 8月2日(木)から12日(日)まで、千葉県で開催されている『第16回世界女子ソフトボール選手権』。ソフトボール・マガジンWEBでは、テレビ東京で解説を担当する山根佐由里さん(元日本代表)に、各試合を振り返っていただく。日本は予選を7戦全勝で決勝トーナメントに進出。本日は準々決勝のプエルトリコ戦です。

ポイント(1)序盤に大量得点

 1点を争うゲーム展開を予想していましたが、結果的に7-0で6回コールド勝ちを収めました。初回、二死二塁のチャンスで四番の山本優選手が敬遠(故意四球)されましたが、続く渥美万奈選手が絶妙なバットコントールでセンターに飛ばして1点を先制。素晴らしかったです。

 そして2回、二死二塁から山田恵里選手が適時三塁打を放って1点を追加。初回に1点を先制したけれど、このまま日本に流れを持ってこれるかという大事な場面でした。さすがでしたね。そして、その後に山本選手の満塁弾が飛び出しました。日本チームとしては、早く点を取って上野選手を温存したかったと思うので、序盤にたくさん点を取れたことは良かったと思います。

 プエルトリコは小刻みにピッチャーを代えてきました。目線を変え、的を絞らせないために早め早めに代えている印象でした。最後のピッチャーはなかなか打ち崩せませんでしたが、それまではピッチャーが代わる度にしっかりと対応できていたので、準決勝に向けて良い調子できていると思います。

上野、勝股の完封リレー

 上野選手は4安打を許しましたが、「打たれても最後に点を取られなければいい」といつも言われていますし、要所を締めていたので良かったのではないでしょうか。打ち取るための投球、空振りを取るための投球を使い分けていましたし、疲れもある中でさすがのピッチングだったと思います。

 試合序盤はドロップを多く投げていたようですが、ライズを強振してくる相手打線には有効でしたね。バッテリーの作成勝ちだったと思います。上野選手のピッチングはもちろんいいですが、我妻悠香捕手のリードも素晴らしかったです。

 そして、最後は勝股美咲選手がしっかりと抑えました。得意のライズとチェンジアップを駆使し、持ち味を前面に出したピッチングを披露してくれました。予選リーグよりも自信を持って投げていたように思います。

今夜のアメリカ戦の見どころ!

 今日は準決勝でアメリカと戦います。誰が投げてくるか分かりませんが、モニカ・アボット投手にしても、ケイラニ・リケッツ投手にしても、日本リーグでプレーしているピッチャーなので、お互いがお互いを知り尽くした中での戦いになります。競った試合になると思うので、ミスなくしっかりと守り切ってもらいたいですし、守りからリズムをつくって打線につなげてほしいです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.