映画を通して、人や場所とつながりたい。
『MOTIONGALLERY Drinks』スタート!
記念すべき第一回イベントは、早川大介監督『凪の海』

愛媛県宇和島市出身のディレクター早川大介が、故郷の宇和島を舞台に初めて長編映画に挑戦した自主制作映画「凪の海」。
現在、8月の完成に向かって制作が進んでいます。

この度、MOTIONGALLERYでは、プロジェクトの思いや共感を伝えていき、そして支援というクリエイティブな行為を更に加速していくために新たに『MOTIONGALLERY Drinks』という名前で、クラウドファンディング中のプロジェクトのクリエイターとそれを応援するコレクターとがお酒を酌み交わしつつプロジェクトのビジョンを共有するイベントを定期的にリトルトーキョー(東京・清澄白川)で開催することとなりました。

その記念すべき第一回イベントは、「凪の海」となりました。

今回の「MOTIONGALLERY DRINKS #1」では、この「凪の海」をより知っていただくため、早川監督、主演・永岡佑氏、のほか早川監督とゆかりのある冨永昌敬監督、半野喜弘監督をお招きし、第一線で活躍する映画人のトークだけでなく、当日は特別予告を上映したり、来場者とのみなさまとのクロストークなど、お酒を片手に広く交流する時間となります。

【日時】
2018年8月16日(木) 19:00~開始
【会場】
リトルトーキョー 3F (東京都江東区三好1-7-14)
【参加費】無料
(1Fのバースペースでのワンドリンクオーダーをお願いします)
 
【ゲスト】
早川大介(「凪の海」監督)
愛媛県宇和島市出身、映像ディレクター。ミュージックビデオ、音楽番組、コンサートなどの映像演出を行う。

永岡佑(「凪の海」主演)
1982年1月7日生まれ。京都府出身。 主な出演作、映画「風に濡れた女」(塩田明彦監督)、「重版出来」など。最近の出演作に 「刑事7人 (協)」、「ラス トチャンス」、「ハゲタカ」などがある。

冨永昌敬(映画監督)
代表作:「南瓜とマヨネーズ」「素敵なダイナマイトスキャンダル」
※「凪の海」出演の柳英里紗は冨永監督「ローリング」にも出演。早川監督と同郷。

半野喜弘(映画監督、音楽家)
代表作:「雨にゆれる女」「パラダイス・ネクスト」

下記より参加予約が可能です

自主制作映画「凪の海」特報

画像: 愛媛県の西端 山と海に囲まれた小さな町”蒋淵(こもぶち)”を舞台とした自主制作映画「凪の海」 youtu.be

愛媛県の西端 山と海に囲まれた小さな町”蒋淵(こもぶち)”を舞台とした自主制作映画「凪の海」

youtu.be

 <映画「凪の海」あらすじ>
~故郷への思いを巡る物語〜
何もなく閉鎖的な田舎に嫌気がさし、ミュージシャンになると東京に飛び出した井上圭介。成果が上がらないまま、 ズルズルとうだつの上がらない毎日を過ごしていた。ある日、田舎から一本の連絡が入る。漁に出たまま行方不明に なっていた兄広介の葬式をあげることになったという。家族をはじめ故郷の人々に東京でミュージシャンとして成功 していると嘘をついていた圭介は、渋々故郷の蒋淵へ帰ることにするのだった。圭介を迎えたのは、父の将人、兄の 元妻である沙織、同級生の洋と生まれつき足の悪い洋の妹の凪。土地を離れた者、土地を離れたい者、土地を離れ られない者、土地に戻った者、土地を守る者。圭介が帰ってきたことをきっかけにそれぞれの思いがぶつかり合う。

プロデューサー:山田真史

撮影:Keivan Salehpour スウェーデン出身
照明:Vince Paul アメリカ出身
撮影助手:Mariana Pisani ブラジル出身

録音:星野裕雄 古谷正志
編集:中井庸友 榎本祐紀  
音楽:山下雄太
助監督:小清水潤 スタイリスト:海老原由佳 ヘアメイク:村木アケミ

協力:宇和島市蒋淵の皆様 宇和島市 日本郵政 こもねっと リスン立花 
宇和海真珠 宇和島自動車株式会社

ただいま、MOTIONGALLERYにて、その映画の仕上げ~完成、海外映画祭出品のサポートを募っています。下記より詳細ご覧ください

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.