住友ゴム工業(株)とテニス・オーストラリア(※/CEO兼オーストラリアン・オープン・トーナメントディレクター:クレイグ・タイリー:Craig Tiley/所在地:オーストラリア・メルボルン)は8月25日、テニスのグランドスラム大会のひとつである「オーストラリアン・オープン」とオフィシャルスポンサー契約を締結した。

 オーストラリアン・オープンは、アジア・パシフィック地域で開催される唯一のグランドスラムで、アジア地域におけるイメージアップやプレゼンス向上を目指している。その中で、ダンロップテニスボールの世界での販売実績、ATP・WTAツアーにおけるボールの使用実績、トッププロにも認められる品質の高さと安定性、アジア地域における広い販売チャネル網、タイヤ・産業品・スポーツにおける同グループの高い技術力などが認められて契約に至ったと同社は発表した。

 今回の契約によって、2019年オーストラリアン・オープンの公式ボールサプライヤーとなるほか、「エミレーツ・オーストラリアン・オープン・シリーズ」(前哨戦)の公式ボールサプライヤー、大会期間中のブース出店、テニスボール関連のオフィシャルグッズの製造・販売などを行うことが可能になる。日本企業がグランドスラムの公式ボールサプライヤーとなることは初。

 なお大会使用球は、新製品「DUNLOP Australian Open」(オープン価格)で、2019年上期発売予定。

テニス・オーストラリア会長|クレイグ・タイリー氏コメント

 ダンロップにオーストラリアン・オープンのボールパートナーになっていただいたことをたいへんうれしく思います。私たちの願いは選手たちに可能な限りベストなコンディションでプレーしてもらうことですが、「DUNLOP Australian Open」テニスボールの優れた品質は必ず選手たちを満足させることと信じています。

 私たちは同社の設計から生産に至るまでの、あらゆるステージにおける品質管理にとても感銘を受けました。現在多くの選手がこのニューボールのテストを行っていますが、さまざまな条件下で安定したパフォーマンスを発揮できると確信しています。

 私たちはダンロップをオーストラリアン・オープンのファミリーとして歓迎します。また今後、素晴らしいパートナーシップを構築していけることを楽しみにしています。

※テニス・オーストラリア〜「オーストラリアン・オープン」を主催するオーストラリアテニス協会

テニスボール「DUNLOP Australian Open」

画像: テニスボール「DUNLOP Australian Open」

特長◎スピード感としっかりとした打球感で、多様なプレースタイルに順応する高品質な試合球

価格◎オープン価格

仕様◎4個入りボトル

カラー◎イエロー

素材◎メルトン=ウール、ナイロン、コットン コア=ゴム

備考◎国際テニス連盟(ITF)および日本テニス協会(JTA)の公認取得見込み

発売地域◎欧州、米国、日本を含むアジア各国

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.