炊いた米からできた注目の新素材「米ジュレ」を使ったスイーツ「米屋のぷりん」が通販サイト「おこめ本舗」のほか、各専門店などで販売されます。

「米屋のぷりん」は、「玄米甘酒ぷりん」(9月19日発売)、「カスタードぷりん」(10月下旬発売予定)の2アイテムです。「米ジュレ」の原料は米と水のみで、一般的な市販のプリンに使用される増粘多糖類やゲル化剤と同じ役割として使用するため、体に安心な素材だけで作ったプリンができました。特に「玄米甘酒ぷりん」は牛乳と卵を使わず、お米の自然な甘さとすっきりした後味が特徴です。健康や美容、そして発酵食品に関心の高い女性を中心に、美味しく食べていただけるスイーツです。また、「カスタードぷりん」は地元の素材にこだわった、甘さ控えめで素材を引き立てるシンプルな味わいで、どなたでも楽しめるスイーツです。

画像: 米ジュレ

米ジュレ

「玄米甘酒ぷりん」
ビタミンB群、食物繊維など麹菌が生み出すさまざまな栄養素を含んだ玄米甘酒を主原料としたプリン。牛乳、卵不使用。身体に優しくすっきりした後味が特徴。
内容量:110g
価格:350円(税抜)
原材料:甘酒、砂糖、ねりごま、米ゲル/ゲル化剤(増粘多糖類、加工でん粉)
賞味期限:製造から180日間(常温)栄養成分(110g、1個あたり):熱量120kcal、たんぱく質3.9g、脂質3.8g、炭水化物17.6g、食塩相当量0.01g(※値は、目安です。)

「カスタードぷりん(2018年10月下旬発売予定)
石川県の原料に拘った甘さ控えめのプリン。酪農の先進地、河北潟ホリ牧場で育った鮮度の高い牛乳、自然豊かな能登で育った「能登鶏」の卵を使用。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.