雨でも風でも楽しく走ってます!

今春、初めてのタイヤ交換で「DUNLOP スポーツマックス・ロードスポーツ2」を装着した梅ちゃんのCB400SF。その後、約半年の間、ツーリングを中心に約1500kmほどの走行をしたということで、その感想を聞いてみました!

「交換した直後から、特に意識することもなく走ってました。その日に東京から名古屋まで帰りましたし(笑)。でも、高速道路での長距離走行も、雨の日も、不安なく走れているのは新しいタイヤのおかげだと思います!」とのこと。天候や路面状況に関係なく、バイクで長距離移動することが多い梅ちゃんだけに、説得力が違います。

そんな梅本さんが、8月18日に神奈川県のアネスト岩田ターンパイク箱根スカイラウンジ前で行なわれた【DUNLOP 全国タイヤ安全点検】に行ってきました!

「ターンパイクを登っていく途中で、かなり沢山のバイクに抜かれましたが、霧につつまれながら、ゆっくり景色を感じながら走れました。すっごい気持ちよかったですよ!」

画像: 雨でも風でも楽しく走ってます!
画像: 自宅のある名古屋から仕事のために東京へ。そして、東京での仕事を終え、名古屋に帰る途中の梅ちゃん。パンパンのバックパックには、3泊4日分の荷物が詰まっています。

自宅のある名古屋から仕事のために東京へ。そして、東京での仕事を終え、名古屋に帰る途中の梅ちゃん。パンパンのバックパックには、3泊4日分の荷物が詰まっています。

画像: 会場に到着すると、すぐに点検をしてもらいました。

会場に到着すると、すぐに点検をしてもらいました。

画像: 「DUNLOP 全国タイヤ安全点検」では、点検を受けるとタイヤのコンディションが記された「タイヤ安全チェックシート」が手渡されます。梅ちゃんのタイヤは、まだ新しいタイヤということでコンディションも良く、ミゾも十分に残っていました。

「DUNLOP 全国タイヤ安全点検」では、点検を受けるとタイヤのコンディションが記された「タイヤ安全チェックシート」が手渡されます。梅ちゃんのタイヤは、まだ新しいタイヤということでコンディションも良く、ミゾも十分に残っていました。

画像: こちらは実際に使われいたミゾの深さを調べる機械です。

こちらは実際に使われいたミゾの深さを調べる機械です。

画像: 前後ともに「良好」と判断されました!

前後ともに「良好」と判断されました!

画像: というわけで、無事に帰路につく梅ちゃんでした。

というわけで、無事に帰路につく梅ちゃんでした。

「最初は初めてのタイヤ交換に、かなり身構えていたんですけど(笑)、自分のイメージしている通りに曲がってくれるし、長距離でも疲れないし、すっごく満足しています! メーカーの方にお話を聞くと、このタイヤはロングライフも魅力ということなんで、これからも一緒にツーリングを楽しみたいと思います」

「DUNLOP スポーツマックス・ロードスポーツ2」で走りまくっています!

今回は東京から箱根の山を登り、名古屋まで帰っていた梅ちゃんですが、実はwebオートバイや月刊オートバイの取材時や、イベントなどでは、天候にあまり関係なく愛車で登場することが多いんです。ひたすら長時間、長距離を走るのが大好きなんですね。そんな理由からも、装着タイヤ「DUNLOP スポーツマックス・ロードスポーツ2」は活躍してくれそうです!

画像: こちらは鈴鹿ツインサーキットのパドック。この日はレーシングスクールに入校し、一日たっぷり走りまくった梅ちゃんでしたが、帰りも元気いっぱいに帰っていきました。

こちらは鈴鹿ツインサーキットのパドック。この日はレーシングスクールに入校し、一日たっぷり走りまくった梅ちゃんでしたが、帰りも元気いっぱいに帰っていきました。

画像: こちらはハイクオリティなマフラーでお馴染みの、三重県のアールズ・ギアさんにお邪魔したときのひとコマ。もちろんバイクで現地集合です。

こちらはハイクオリティなマフラーでお馴染みの、三重県のアールズ・ギアさんにお邪魔したときのひとコマ。もちろんバイクで現地集合です。

画像: デイトナさんのテストコースで開催された「茶ミーティング」でメインMCを務めたときもバイク移動でした。ファンの方とも、バイクを入れて写真撮影する展開に。

デイトナさんのテストコースで開催された「茶ミーティング」でメインMCを務めたときもバイク移動でした。ファンの方とも、バイクを入れて写真撮影する展開に。

画像: もちろん雨の日もCB400SFで走ってます。

もちろん雨の日もCB400SFで走ってます。

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.