ご存知のとおり、ホンダの中型バイクの中でも今年大人気だったレブル250。レブルがなぜここまで大ヒットしているのか、なぜここまで和製アメリカンモデルが注目を浴びているのか、徹底追跡してみました。

見た目って大事。言うまでもなく、デザインがかっこいい!

2017年4月17日に発売された「レブル250」と「レブル500」は瞬く間に話題になり、人気車種となりました。

まずはこの誰からも愛されるデザイン!大きめの車体に存在感があるエンジンであるにも関わらず、丸みがある滑らかなフォルムは軽やかさと愛くるしさも感じませんか!?

画像: HONDA公式サイトより/※写真は海外仕様車 Rebel500 www.honda.co.jp

HONDA公式サイトより/※写真は海外仕様車 Rebel500

www.honda.co.jp

レブルは通称「アメリカン・クルーザー」と呼ばれるバイクで、HONDAバイクでは珍しい"ナロースタイル"を採用しています。その特徴である長いホイールベースと低いシート、そして両手足を前に投げ出すようなライディングポジションは跨った時が最高にカッコ良いんです!

画像: HONDA公式サイトより※写真は海外仕様車  Rebel500 www.honda.co.jp

HONDA公式サイトより※写真は海外仕様車 Rebel500

www.honda.co.jp

こんなバイク乗っていたら3割増に見えること間違いない!そしてなんだかライダーとバイクの一体感がありませんか!?

重量感のあるエンジンとワイド&ファットサイズのタイヤで存在感が抜群のバイクですが、軽量かつ低シート高と、ミドルポジションのステップを採用していることでどんな体型の人でも乗りやすく、ライダーとバイクの一体感が生まれているんです。バイクだけではなく、ライダーをよりカッコ良く引き立ててくれる計算し尽くされたデザインに惚れる人が後を立たないのです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.