ファッションやメイクを楽しむように、今、おしゃれな女性がハマっているのがスポーツ。いわゆるスポ根ではなく、楽しく健康的に体を動かすことがブームになっている様子。そこで、今回は自分たちらしくライフスタイルに「テニス」を取り入れているみなさんをフォーカス。この秋は、みんなでどんなスポーツをする?

 

最近、“テニスをしよう” が
私たちの合言葉なんです

“適度な運動量で楽しく
 カラダを動かせるのが魅力♪”

「30代になってカラダを動かすことがすごく楽しいんです。なかでも、ストイックになりすぎず爽快感もあるテニスが、今の等身大のライフスタイルにちょうどいい。私たちにとってテニスは友達とつながるコミュニケーションの一つですね」と話すのは伏見さん。

彼女たち4人は2ヵ月に一度ほど、テニスメインの女子会を開催。もちろん、おしゃれ女子たちだけにウエアにも相当なこだわりが。「適当なTシャツを着るのではなく練習着もお揃いに。今日はH&MのポロシャツにAmerican Apparelのスカートで作る全身白コーデ。そこに、バンダナやラインソックスをポイントにしてみました。ちょっとしたコスプレ感覚で、準備する過程も楽しんでいます」と加藤さん。この秋、おしゃれ女子の休日はテニスできまり!
 

基本は近場でテニスだが、ときには熱海まで足を伸ばすことも。「これだけの人数が揃うこともなかなかないので、せっかくだからとちょっと遠出して、温泉や美味しいごはん付きの合宿にアレンジ。もちろんウエアはお揃いです!」

 

オールホワイト×スポーツロゴ
MIXコーデがおしゃれ!

格式高いスポーツであるテニスはやっぱり “白” がマナー。そこに、スポーツブランドのロゴをMIXしてアレンジするのが今の気分。

 
どこかにスポーツロゴを取り入れる

画像: どこかにスポーツロゴを取り入れる

ブランドロゴを取り入れるとクラシックな白コーデに今っぽさが加わり、全体のおしゃれ感度がUP!

 
スカートは手持ち服の代用でもOK!

画像: スカートは手持ち服の代用でもOK!

REBECCA MINKOFFのスカートをスコート代わりに。

 
足元はスタンスミスで
クラシックにまとめる

画像: 足元はスタンスミスで クラシックにまとめる

専用テニスシューズがなくても、ローテクスニーカーがあれば大丈夫!

 
リストバンド代わりにバンダナをON

画像: リストバンド代わりにバンダナをON

流行りのバンダナをコーデのワンアクセントに。

 

スニーカーを主役にしたコーデで
行き帰りもおしゃれに

プレス
中山真梨子さん

「テニスに行くときは脱ぎ着がしやすくてラクチンな、H&Mのジャージーワンピを愛用。涼しい背中開きなので、スポーツ後は水着を合わせてます」

 
プレス
伏見玲奈さん

­「ドレッシーなアシメトリーのニットロングトップスにデニムをレイヤード。スポーツDAYらしくちょっとカジュアルに♪」

 
エディター・ライター
千木良まりえさん

「スニーカーの配色に揃えてモノトーンにしてきれいめカジュアルに。夏らしくトレンドのカゴバッグを合わせたのがポイント」

 
スタイリスト
加藤由唯さん

­「スニーカーの白がアクセントになるように他はブラックで統一。黒でも重たく見えないよう、肌見せで軽やかな印象にしました」

 

テニス・バドミントン用品を
揃えるならここがオススメ!

WINDSOR RACKET SHOP

4人もおすすめするテニス・バドミントンの専門店。世界最大級の品揃えで、1軒でウエアにラケットなどテニス用品すべてが揃う。

ウインザーラケットショップ渋谷店
東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 1F・B1
☎03-3464-9251
営業時間:10:30~20:00、日・祝10:00~19:30
定休日:なし

 
テニスは身体を動かすことだけでなくファッションも楽しめるから、女性にもオススメのスポーツ。「運動」と聞くとどうしても腰が重い……という人は、まずはウェアから揃えてみるのも◎ この秋は、友達と一緒に “スポーツの秋” をおしゃれに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
●情報は、FRaU2016年7月号発売時点のものです。
Photo:Masaru Furuya Lettering:Paint&Supply Composition:Nirai Ikeshiro

 

▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.