全世界 1,350 億円超えの驚異的な興行収入をたたきだした大ヒットホラー『死霊館』シリーズの最新作『死霊館のシスター』が 9月 21 日(金)新宿ピカデリーほか全国公開される。

予告からして心臓直撃の本作はもはや絶叫アトラクション

画像: 映画『死霊館のシスター』本予告【HD】2018年9月21日(金)公開 www.youtube.com

映画『死霊館のシスター』本予告【HD】2018年9月21日(金)公開

www.youtube.com
画像: 予告からして心臓直撃の本作はもはや絶叫アトラクション

2013 年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で 360 億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。以降、 『死霊館 エンフィールド事件』、『アナベル 死霊館の人形』、『アナベ
ル 死霊人形の誕生』とその世界観はシリーズ化され、累計 1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている。

本作が描くのは、シリーズすべての恐怖の始まり。物語は1952 年のルーマニアの修道院でひとりのシスターが自らの命を絶つことから始まる。不可解な点の多い自殺に教会はバーク神父と見習いシスターのアイリーンを修道院へと派遣する。

二人はこの事件を追うにつれ、 この修道院に隠された秘密とともにいまだかつてない恐怖“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙することになる。果たして、この修道院に隠された想像を超える秘密とは? そして悪魔のシスターの目的とは一体何なのか⁉ 観客は遂に、『死霊館』『アナベル』
シリーズの恐怖の真相へと迫ることになる。

主演のアイリーンを『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガが務め、 バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』のデミアン・ビチルが演じる。 製作は 『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/浸蝕』のコリン・ハーディ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『アナベル』シリーズを担当したゲイリー・ダウバーマンが脚本を務める。

予告からして心臓直撃の本作はもはや絶叫アトラクションとの評判も。さらに臨場感を追求した4D上映されることも決定している。

死霊館のシスター
9 月 21 日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.