「国立銀行カップ」(WTAインターナショナル/カナダ・ケベック州ケベックシティ/9月11~17日/賞金25万ドル/室内カーペットコート)のシングルス準々決勝が行われ、第5シードのソフィア・ケネン(アメリカ)、第8シードのポリーヌ・パルモンティエ(フランス)、ヘザー・ワトソン(イギリス)、予選勝者のジェシカ・ペグラ(アメリカ)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 ケネンが第3シードのモニカ・プイグ(プエルトリコ)を6-3 6-1で、パルモンティエがバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)を7-6(7) 6-1で、ワトソンがワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したレベッカ・マリノ(カナダ)を6-3 6-4で、ペグラは第2シードのペトラ・マルティッチ(クロアチア)を6-3 7-5で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、ケネンがペグラと、パルモンティエはワトソンと対戦する。

※写真はUSオープンでのソフィア・ケネン(アメリカ)
NEW YORK, NY - AUGUST 31: Sofia Kenin of the United States returns the ball during her women's singles third round match against Karolina Pliskova of Czech Republic on Day Five of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 31, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.