「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月17~23日/ロシア・サンクトペテルブルク/賞金総額115 万1110ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、 スタン・ワウリンカ(スイス)がアルヤズ・べデネ(スロベニア)を7-5 7-6(5)で倒し、2回戦に駒を進めた。

 べデネは第1セット5-4から自分のサービスに入ったが、続く3ゲームはワウリンカが取ってセットをものにした。ワウリンカはまた第2セットで、4つのブレークポイントをセーブした。

「この最初の勝利をうれしく思う。すばらしいレベルだったと思うよ」とワウリンカは言った。彼は次のラウンドで、第4シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。

 グランドスラム大会で3度優勝した経験を持つワウリンカは、膝の故障のため2017年の後半に戦列を離れ、復帰した2018年も苦戦を強いられてきた。彼は今、世界88位で、USオープンでは3回戦(対ミロシュ・ラオニッチ)で敗退していた。

 また、マルティン・クーリザン(スロバキア)はエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)を6-4 6-4で下した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はスタン・ワウリンカ(スイス)、USオープンで撮影
FLUSHING MEADOW, NY - AUGUST 31: STANISLAS WAWRINKA (SUI) day five of the 2018 US Open on August 31, 2018, at Billie Jean King National Tennis Center in Flushing Meadow, NY. (Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.