2018年9月18日(火)、RIZINで活躍する山本美憂選手の弟であり、山本アーセン選手の叔父である、山本“KID”徳郁選手(享年41歳6ヶ月)がご逝去されました。
RIZINスタッフ一同、心からお悔やみ申し上げます。

◆榊原信行RIZIN実行委員長
「山本“KID”徳郁選手のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。KID選手が世界の格闘技界に残した功績に心から敬意を表します。どうか安らかにお眠り下さい。残された我々はKID選手のファイティングスピリットを継承し、これからも全力で日本の格闘技界の発展の為に精進して参ります。」

◆髙田延彦RIZIN統括本部長
「早過ぎるよ!若過ぎるよ!神の子山本キッド徳郁が旅立った。戦うことの素晴らしさ、面白さ、尊さを世に知らしめた大功労者が最期まで戦い抜いて旅立った。もう二度と戦う必要はない。静かに安らかに眠ってください。そして山本ファミリーの太陽だった君が、これからもずっと残された家族や兄妹を、そして格闘技界を照らし続けてください。みんなに愛されたあなたは唯一無二のスペシャルなファイターでした。冥福を祈ります。残念無念。」

◆山本美憂
「この度の事で皆様にご心配をお掛けしていますが、私、山本美憂は9月30日のRIZIN .13は予定通り出場いたします。もちろん勝って弟にいい報告をしたいと思いますので応援よろしくお願いします!皆様、沢山の励ましのメッセージを頂き本当にありがとうございます!」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.