ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月17~23日/賞金総額115 万1110ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、前年度覇者で第6シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が予選を勝ち上がったルーカス・ミドラー(オーストリア)を7-5 6-3で下し、2回戦に駒を進めた。

 第1セットでジュムホールは、一度は0-3と劣勢に立ちながら、続く12ゲームのうち10ゲームを取って挽回した。

 彼は次に、ギド・ペラ(アルゼンチン)と予選勝者のイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。グランドスラム優勝歴3回のスタン・ワウリンカ(スイス)とは、準々決勝で対戦する可能性がある。

 昨年のジュムホールは、サンクトペテルブルクとモスクワのクレムリン・カップの双方で優勝し、1シーズンにロシアでのATPツアー大会の双方に勝った、初のプレーヤーとなっていた。

 同じく火曜日には、第8シードのダニール・メドベデフ(ロシア)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-4 6-1で下した。彼は2回戦で、ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)とデニス・イストミン(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。

 ルーカス・ラッコ(スロバキア)はマルコス・バグダティス(キプロス)が棄権したためラッキールーザーのルベン・ビーママンズ(ベルギー)と対戦し、6-2 4-6 7-5で勝利をおさめた。

 また、ヤンレナード・ストルフ(ドイツ)がアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に6-4 7-6(6)で競り勝ち、2回戦で第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)に挑戦する権利を手に入れた。

 今大会の上位シードは、第1シードのティームに続いて、第2シードがファビオ・フォニーニ(イタリア)、第3シードがマルコ・チェッキナート(イタリア)、第4シードはカレン・ハチャノフ(ロシア)となっており、いずれも1回戦がBYE(免除)で2回戦が初戦となる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、8月のニューヨークで撮影
NEW YORK, NY - AUGUST 27: Damir Dzumhur of Bosnia and Herzegovina returns the ball in his mens singles first round match against Dusan Lajovic of Servia on Day One of the 2018 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 27, 2018 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.