9月8日に開幕した「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。本日、映画祭のメインプログラムである自主映画のコンペティション「PFFアワード2018」の表彰式が、会場の国立映画アーカイブにて行われ、最終審査員の方々により、各賞が発表されました。

画像: 授賞式。前列に並んだ受賞監督の皆さん。

授賞式。前列に並んだ受賞監督の皆さん。

529本の応募作品の中から一次審査、二次審査を経て18作品が入選となり、本映画祭で各2回ずつ上映されました。受賞結果は下記の通りです。

本年は、初の試みで、表彰式後の21(金)、22日(土)で受賞作品の上映を行います

登壇者:最終審査員%%{red}
佐藤公美(映画プロデューサー)、大九明子(映画監督)佐藤信介(映画監督)、冨永昌敬(映画監督)、生田斗真(俳優) *敬称略

グランプリ
『オーファンズ・ブルース』
監督:工藤梨穂 (22歳/福岡県出身/上映時間:89分) 

画像: グランプリ 『オーファンズ・ブルース』 監督:工藤梨穂 (22歳/福岡県出身/上映時間:89分)
画像1: 工藤梨穂監督

工藤梨穂監督

準グランプリ
『ある日本の絵描き少年』
監督:川尻将由 (30歳/鹿児島県出身/上映時間:20分) 

画像: 準グランプリ 『ある日本の絵描き少年』 監督:川尻将由 (30歳/鹿児島県出身/上映時間:20分)
画像: 川尻将由監督

川尻将由監督

審査員特別賞
『川と自転車』監督:池田昌平
(33歳/福岡県出身/上映時間:44分) 

画像: 審査員特別賞 『川と自転車』監督:池田昌平 (33歳/福岡県出身/上映時間:44分)
画像: 池田昌平監督

池田昌平監督

審査員特別賞『19歳』
監督:道本咲希 (20歳/大阪府出身/上映時間:28分) 

画像: 審査員特別賞『19歳』 監督:道本咲希 (20歳/大阪府出身/上映時間:28分)
画像: 道本咲希監督

道本咲希監督

石井達也審査員特別賞『すばらしき世界』
監督:石井達也 (20歳/茨城県出身/上映時間:41分) 

画像: 石井達也審査員特別賞『すばらしき世界』 監督:石井達也 (20歳/茨城県出身/上映時間:41分)
画像1: 石井達也監督

石井達也監督

エンタテインメント賞(ホリプロ賞)
『からっぽ』監督:野村奈央 (23歳/東京都出身/上映時間:52分)

画像: エンタテインメント賞(ホリプロ賞) 『からっぽ』監督:野村奈央 (23歳/東京都出身/上映時間:52分)
画像: 野村奈央監督

野村奈央監督

ジェムストーン賞(日活賞)
『ある日本の絵描き少年』監督:川尻将由 (30歳/鹿児島県出身/上映時間:20分)

画像2: 石井達也監督

石井達也監督

映画ファン賞(ぴあニスト賞)
『すばらしき世界』監督:石井達也 (20歳/茨城県出身/上映時間:41分)

画像3: 石井達也監督

石井達也監督

観客賞
『一文字拳 序章-最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』
監督:中元 雄 (26歳/広島県出身/上映時間:66

画像: 観客賞 『一文字拳 序章-最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』 監督:中元 雄 (26歳/広島県出身/上映時間:66
画像: 中元 雄監督

中元 雄監督

[特別設置]ひかりTV賞
『オーファンズ・ブルース』監督:工藤梨穂 (22歳/福岡県出身/上映時間:89分)

画像2: 工藤梨穂監督

工藤梨穂監督

9/21(金)、22(土)受賞作品上映

21日(金) 13時45分~『一文字拳 序章-最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』+『すばらしき世界』
21日(金) 17時00分~ 『からっぽ』+『川と自転車』+『ある日本の絵描き少年』
22日(土) 13時45分~ 『19歳』+『オーファンズ・ブルース』

◎グランプリ作品『オーファンズ・ブルース』は、第31回東京国際映画祭にて上映

◎動画配信サイト「青山シアター」にて配信中!
https://aoyama-theater.jp/feature/pff 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.